イオンモール赤ワインの次はこれだ

この記事は2分で読めます

やぁやぁこんにちは。

ヤスウマレッドだ。

今日は赤ワインのレポートだよん。
しかもイオンモールでよく見かける、最強系の激安ワインだ。

この赤ワインにはどうやらファンが多いらしい。
というのも、レッドがワインコーナーで選んでいたら、
おばちゃんがドカドカとワインコーナーに来て、
ズカズカとレッドの横へ割りこむように入ってきて(ちょっとは遠慮しろよ・・・)
ムンズとこの赤ワインをつかんでカゴに入れて、レジへ去って言った。

「何だいあのおばちゃんは・・・」
と思っていたが、そのおばちゃんはレジを済ませると旦那(らしき人)と去って行ったのだが、
その旦那(らしき人)の腕もムンズとつかんで自分のペースで歩いていったんだな・・・。

・・・気の毒な旦那(らしき人)よ。。。頑張りや~(´Д`)o尸


と、そんなしょうもない話はさておいて、どうやらこの赤ワインにはファンが多いらしい。
陳列する本数も20本くらいあったし、値段から言っても結構売れてるのは間違いなさそう。

ということは、レッドとしてもこのワインを評価した方がいいので、
今日はこの赤ワイン、チリのモンテマールをレポートしようと思う。

ちなみに、例によって例のごとく、
お気に入りの相棒リーデルのワイングラスで雰囲気から楽しむのだ。

s-DSC06463
う~ん、いつ使っても雰囲気最高だな(自画自賛)。

どう考えても、ワインよりグラスの方が高いのだが、
だからこそワンランク上の味に『錯覚できる』のだ。
(値段が気になる人はこれくらいの価格なんだな。結構なお値段だ。)
リーデル (RIEDEL) オヴァチュア(2客)の価格

ということで、またまた横道にそれたけど、早速レポート開始。

・・・

実は最初のうち、ヤスウマレッドの苦手なキノコ臭がしてきたんだ。

『ヴっ!!!!!もしや・・・』

s-wspr
と思ったのだが、そのキノコ臭はしばらくしたら消えた。

まずは一安心だな。(ll゚Д゚)アセッたぁ・・


気を取り直してテイスティング開始。

どうもドライな味のようだ。
しかも、結構強烈なドライ感がする。

しかし、渋みや酸味などがほとんど感じられないので、
ドライな割には甘みも少し感じられる。

ある意味飲みやすい仕上がりになってる。

これが多くのファンを魅了している理由か!
と少し感じ始めていた。

・・・が、


・・・しかし、


・・・


・・・


・・・


苦い。苦いよ、コレ。

2杯目に行く頃には、口の中に苦みの成分が残ってタチが悪い・・・。
中々消えないのよ、この苦みが。

だから、飲むほどに苦みだけが強く感じられる。

巨峰のタネをかじった時に苦いのって、わかるかい?
あれだよ、あれ。
ニゲぇんだ。

ということで、味的にはヤスウマ認定に近いところまで来てるんだけど、
苦いのだけはどうしてもダメだ。
これはDNA的に人の頭がNOと言ってるから仕方がない。

ということで、ズッキンダーではないが、ヤスウマ認定はしないのだ。

 ⇒詳しいレポートはこちらをクリック。


この赤ワインは、苦いのが気にならない人向けかな。

ちなみに、苦いのはレッドジュニアたちにも不評だったぞ。
この赤ワインを煮込みハンバーグにしたけど、メッチャ余った・・・。

『父ちゃん、変な味。この間の赤ワインの料理はおいしかったのにねぇ』
だってさ。。。

切ないなぁ。
料理酒にも使えねぇ・・・。

じゃ。


——————————————
ただいまランキング参加中!
おもしろかったらクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村