イタリアの赤第二弾・・・ピッチーニ・キャンティのレポ

この記事は1分で読めます

やぁやぁこんにちは。

ヤスウマレッドです。
みんな元気かい?

さて、今回はピッチーニの赤ワイン飲み比べをしたのだ。
前回のがロッシで、今回のがキャンティ。

どちらも値段的にはほぼトントン、ロッシが880円とキャンティが850円だったし、
使ってるブドウ品種もほぼ同じ。

若干、ブレンドされている可能性はあるが、
両方ともサンジョヴェーゼという品種を使って醸造されている。
これは、イタリアの赤ワインとしては一般的なモノらしい。

つまり、飲み比べにはホントピッタリって感じなので、
楽しみにしていたのだ。

(でも、そもそも何でこの2種類を作ったのだろうか?
甘口と辛口とかってことかな?)

で、早速レポを読んでみて欲しいのだけど、ひとこと言いたい。

このピッチーニはコルクがなかなか抜けないのだ!

コルクを抜くのに、スッゴク苦労した。

もう抜けなくて、コルク抜きを引っ張る手が痛いのなんの・・・。
飲む前に敵前逃亡寸前だったのだ(涙)。

・・・ということで、苦労してのレポートなので、
じっくり読んで欲しい。

そんで、適当に感想でも送ってくれると尚よろしい。

では、レポートを読む場合は、下の写真をクリックしてください。

——————————————
ただいまランキング参加中!
おもしろかったらクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村



ワインレポートはこちらの写真をクリック
s-piccini_chianti2









  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村