コストコカークランドシグネチャ三連戦第三戦…白星!

この記事は2分で読めます

いよいよコストコのカークランドシグネチャフランス三連戦の最終戦だ。

1勝1敗での最終戦は緊張したぞ。
それで、結果は見事白星!勝ち越しだ!

昨日の悲惨な状況から脱し、見事フランス三連戦は勝ち越しだ。

ちょっと昨日のキノコ臭の記憶があって、キノコの香りに敏感になっていたので、
必要以上にキノコ臭が気になって仕方がなかった。

そのため、この赤ワインの香りは多分普通なんだろうけど、
昨日の記憶が邪魔して、テイスティングの初めは悪い印象でのスタートだった。

でも、飲むうちに分かってきたのだが、
このワインは、飲めるぞ・・・という感覚。

普通に飲めるヤスウマフランスワインとの出会いだった。

おかげで、気づいたらフルボトルがほぼ1本空いていた。

めちゃウマ・・・まではいかないので、1本は空かなかったが、
それでも十分イケるんじゃないか。
もちろん、ボトル半分以上を飲んでもズッキンダーは来ない。

ウマさ的にはもう一歩欲しいが、このワインは合格点だと思う。

いつものごとく話はそれるが、インスタントラーメンのカップヌードル。
これはノーマルのしょうゆ味が一番売れているらしい。

cupnoodle
しかし、これは衛星商品と呼ばれている、時々売られる新商品が下支えしていると言われる。

これはどういうことかと言うと、人は移り気だから時々冒険心や浮気心が出てくる。
そんな時に、他社の商品に行かぬように、あえて浮気心をくすぐる新商品を出すというのだ。

そして、パンチの利いた『浮気の』味をひとしきり楽しんだ後、
「やっぱり普段食べるのは、ノーマルのしょうゆ味がいいな」
って言って戻ってくる、という具合らしいのだ。

衛星とは月のように、惑星の周りを回る星のことで、
惑星を護衛するようにグルグル回る姿から例えられているのだ。
それにちなんで、定番商品を護衛する商品で衛星商品と呼ぶようだ。
(このネーミングの発想も素晴らしいな。)

なんとも、人の心理をウマく考えた商品戦略なのだ。
だからこそ、何十年もずっと売られている、というワケだ。
ヤスウマレッドも、この話を聞いた時は感服したぞ。

で、ワインに話を戻すが、色んなワインを飲むと、
インスタントラーメンと同じように、時々別の味のバリエーションが欲しくなる。

このワインは日常用のヤスウマワインには適さないが、
浮気用のフレンチ赤ワイン、として覚えておくのもいいだろう。

え?例えが悪い?
それはレッドが酔ってしまったから、ということにしておこう。

ちなみにヤスウマレッドは、カップヌードルならシーフード派だ。
これが本命で、時々新発売のカップヌードルに浮気するぞ。

他にもやきそばはUFO、袋入りならどんべぇのうどんだ。
ポテチなら堅焼きののり塩だ・・・ってもういいか。

しかし、レッド嫁は自然食品派だから、
この手の食べ物は普段あんまり食べさせてもらえないぞ。
だから、いっつも買うのは定番商品だ。

じゃ。

minimini-yasuma-red-full

衛星商品だから、レッド印もミニミニサイズなのだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村