それでもマズいワインにはこれ

この記事は2分で読めます

やぁやぁこんにちは。

実は昨日久しぶりに赤ワインを飲んだんだ。
そのレポートは今度あらためてするけど、赤ワインって時間が経過すると味が変わるのな。

聞きかじったことはあるけど、その変わりっぷりにビックリしたぞ。
(あ、全ての赤ワインが時間変化するワケじゃないぞ。)

他の人のインプレを読むと、
『30分放置しておくといい』
というのがあったので、絶好の機会と思ってスグ飲んだ時と、30分置いた時で
味や香りを比べてみたんだ。

すると、本当に味が変わったから驚いた。
ビールを長く放置すると、ぬるくてマズくなるけど、
ワインの変化はちょっと違ったんだな。

ウマい、マズイ、という変化じゃなくて、他のワインに変化したみたい、
と言えば伝わるだろうか。
(朝起きたら、別人だった・・・とか、スキー場以外で会うと別人だった・・・とか、
そういう意味ではない。)

・・・話はそれたが、元に戻して、
マズいぜこの赤ワイン!って時にどうリカバーするか?というシリーズだが、
今回はコレ。

『コカコーラ割り~』

s-coke1
まぁ、誰でもこれは思いつくだろうけど、最後まで読んでほしい。

実は、コカコーラと赤ワインを混ぜると、ワインのチャートは下のように変化する。

甘み ++ メチャ甘くなる。
渋み -  渋みは減る。飲みやすくなる。
酸味 +  コーラの酸味が加わる。炭酸の酸味もある。
香り -  コーラの臭いでクッサイ赤ワインもマシになる。
抜けの良さ + アルコールが薄まって軽減。

という、何だかマズイ赤ワインはこれ1本で対処出来てしまいそうな勢いだったんだ。

s-coke2
だけど、ちょっと待ってくれ。
ヤスウマレッド的には、何か引っかかるのだ。

そう、クスリ感が出てくるのだ。

コーラはのど越しで飲めばスカッとさわやかだけど、
ワインと混ぜることで、スカッと忘れていたコーラ特有の『クスリ感』が出てくる。

これが・・・残念なんだ。

クッサー!って程でもないけど、レッドがまだジュニアだったころ、
駄菓子屋であり得ない色とりどりの菓子を食べた後の後味、あれが出てきた。
懐かしい痛み・・・だ。
(若い人にはわからんだろうが、な。)

ということで、万人には勧められない赤ワインとコーラのミックスだが、
大抵の赤ワインがほとんど同じ味に変わるという意味では手堅い方法だと思うぞ。
そういう意味では、コーラ恐るべしだ。

どうしても飲みきらない赤ワインの時は、ペリエでダメならコーラで飲みきる手もある、
ということにしておこう。
他にも混ぜるモノを試していくので、
引き続きマズいワインのリカバーシリーズを期待してほしい。

※ちなみに、ズッキンダーは何かで薄めても、ズッキーンと来るから、
アルコール自体を飛ばす料理にするしかない。
これはあくまで、口に合わないワインのリカバーシリーズということだ。

じゃ。

HAVE A NICE WINE TIME.


——————————————
ただいまランキング参加中!
おもしろかったらクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村