オーストラリアワインの特徴

s-australia
オーストラリアは、温暖で『アウトバック』と呼ばれる荒涼とした大地で知られるように、
乾燥した土地が多く占める国である。

代表的なブドウの品種は黒ブドウの『シラーズ』だが、
それ以外にも幅広く国際品種の栽培がされている。

賛否両論のスクリューキャップを90%のワインで採用する、
ある意味合理的なワイン文化のオーストラリアだが、
栽培される国際品種の中には、高品質なものも含まれ、
数は少ないが高級品の生産もされている。

有名どころの品種はそろっているから、飲み比べもできて
ヤスウマとしては非常に期待値が高い。

ちなみに、ヤスウマレッドが赤ワインに目覚めたのは、
このオーストラリアの『JACOB’S CREEK』の赤ワインを飲んだ時だ。
高級な赤ワインでウマいと思ったことはあったが、
ヤスウマではこれが初と言っていい。

ヤスウマから高いのまで幅広いが、
そのうちレポートするから、待っていてくれ。

ヤスウマワインが飲みたくなったら



RETURN TOP
スポンサーリンク

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村