お酒が弱いという人にオススメのワインの飲み方

白ワインはスプリッツァー


s-perrier
白ワインを同量のソーダ(無糖)で割ったもの。
甘口の白ワインの方がウマい。
辛口の場合は、多少ソーダを減らして加減するといい。

絵的にはスライスレモンを入れると見た目はいいが、
ちょっと酸っぱいかも・・・。

ソーダはペリエがダンゼンおすすめ。
ビンは高いから、ペットでも十分イケる。
風呂上がりにも、ビールより健康的だし(笑)


↓↓↓↓↓以前は買って運ぶの重かったけど、今はいい時代になりましたねぇ。


ちなみに、味の変化チャートはこれだ。

甘み ±0
渋み -(少し軽減できる)
酸味 +(炭酸による酸味が加わる)
香り -(少し軽減できる)
抜けのよさ +(味の変化があまりないので、加減しやすい)




赤ワインはサングリア


s-a1180_006356
1杯あたりの分量
赤ワイン60ml
ブランデー15ml
オレンジキュラソー15ml
オレンジジュース10ml
レモンジュース5ml
ガムシロップ10ml
ソーダ適量
くだもの適量

材料を上から順番に入れていくだけ。
赤ワインとオレンジジュースとガムシロップとくだもの、
この4つがあれば、とりあえずベースはできる。
他のモノは、お好みで。

この手のモノは甘くないとおいしくないので、
ベースで甘くしておいて、ソーダ(無糖)で調整するのが便利。




冬はホットワイン


冬はホットワインもおすすめ。

1杯あたりの分量
赤ワイン60ml
ブランデー15ml(お好み)
オレンジジュース10ml
グラニュー糖10g(大さじ1)

作り方はカンタン。

ナベにグラニュー糖を入れて溶かす
色が変わり始めたら赤ワインをいれる
レモン、オレンジの果汁を投入
混ぜてできあがり

ブランデーを入れる人もいます。
(ただしアルコールを飛ばして入れる。)

あまったワインの利用法として、甘く暖かいワインをお楽しみください。



RETURN TOP
スポンサーリンク

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村