ワインのコルクのカビは大丈夫?

ワインのコルクのカビを見つけたら
『なんじゃあ、こりゃぁぁ』

nanja
って思いますよね。

ですが、ちょっと待ってください。
ワインにカビは付きモノです。
良いモノと悪いモノがあるので、チェックしてみてください。

良い場合


コルクにだけ、しかも保管の時に外側にあった方にだけ(コルクを刺す方)
カビが生えていた場合。

これは、OKです。
そのまま飲んで問題ございません。

ワインを保管するのは、15~17℃、湿度65~75%の場所が適しています。
これはカビにとっても好環境なので、ビンやコルクの外側にカビが生えていても
それ自体は問題ございません。

むしろ、良い環境で保管されていたと言えるのです。

ちなみに、
『そんな環境でワインにカビは生えないのか?』
という心配性な方も安心して大丈夫です。

カビが生えるには、酸素が必要です。
通常ビンは密閉されていて、カビ発生に必要な酸素がありません。
その意味でも、コルクが乾燥しないように、
寝かして保管しているのです。

昔の人の知恵、です。

悪い場合


ビンの注ぎ口に周りにもカビが付着していると、危険信号です。

購入したワインには、口のところがアルミなどで密閉されていると思いますが、
このパッケージの内部にワインが漏れてしまって、
その漏れたワインにカビが発生した可能性があります。

この場合、コルクの密閉性が落ちて、ビンの内部にも空気が入り込んでしまって、
ワイン自体にカビが発生している可能性があります。

こうなると、残念ながら飲めません。

カビがコルクだけか、注ぎ口や密閉用のパッケージに付着していないか、
そこがカギになります。

 『え、パッケージを見ないで捨てちゃった?』
 『え、注ぎ口を、ホコリだと思ってふきんで拭きとった?』

ってことの無いように、開ける前には
ビンの注ぎ口をチェックするようにしてください。




RETURN TOP
スポンサーリンク

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村