フランスワインの特徴

s-france

フランスワインの特徴


歴史あるフランスワインの最大の特徴は、
赤ワイン、白ワイン、ロゼワイン、スパークリングワイン、
の全てのワインを楽しめるところ。

また、地域ごとに大きな特徴を持つので、
フランスワインという大きなくくりではなく、
それぞれの地域のくくりで区別した方がよい。




ボルドー


フランスを代表する地区。
ボルドーは岸をはさんで、右岸と左岸で更に特徴が違う。

一番の特徴は『ブドウの多品種ブレンド』であること。

ボルドーでは色んな品種のブドウを栽培していて、
味の違いが一番出るブドウ品種を、好みに応じてブレンドするので、
各シャトー毎の個性が出る。

『ボルドー=多品種ブレンド』と覚えておこう。



ブルゴーニュ


ボルドーと並んで有名どころのブルゴーニュ。
こちらは、ブレンドしない『単一品種』が特徴。

赤ワインには、『ピノ・ノワール』、白ワインには『シャルドネ』
という品種を使うのが一般的だ。
ちなみに、日本で有名な『ボジョレー』はブルゴーニュだが、
例外的に別の品種(ガメイ)を使っている。

では、味の差はどこから生まれるか?だが、
これは南北300キロに及ぶ長い地形によって、
その環境からブドウそのものに差が出るのだ。

この環境のことを『テロワール』と呼び、
土壌・気候・地形といったブドウの育成に差を生む土地が持つ条件を
総体的に表すものである。

『ブルゴーニュ=単一品種(ピノ・ノワール)+テロワール』
『ボジョレーは例外で、ガメイを使う』
と覚えておこう。



シャンパーニュ


シャンパーニュといえば、『シャンパン』が有名です。
これはシャンパーニュ地方で決まった造り方をしたスパークリングワインだけが
『シャンパン』と呼べるのです。

あと、シャンパン以外の赤ワイン、白ワインも醸造しているのも
意外に思う人もいるかもしれません。

ブドウ品種は、『シャルドネ』『ピノ・ノワール』『ピノ・ムニエ』の3種。

酸味が特徴のシャンパーニュのワインですが、生産者を『メゾン』と呼ぶのも、
この地方だけのオリジナルです。

シャンパンを作る時に、
 ⇒ビンを定期的にクルクル回してオリを取り除く
 ⇒オリを抜いて減った分をワインに加糖したリキュールを入れる
という製法上の特徴があります。
リキュールを入れる時に甘さを調整する(『補酒(ドザージュ)』という)。
この甘さの加減で呼び方が違う。

 Brut(辛口)ブリュット
 ExtraDry(やや辛口)エクストラ・ドライ
 Sec(やや甘口)セック
 DemiSec(甘口)ドゥミ・セック
 Doux(極甘口)ドゥー



ローヌ


南北で200キロにわたるので、南北で特徴が全く違う。
ブルゴーニュとボルドーのように、単一品種とブレンドの違いである。

北ローヌ=単一品種
南ローヌ=ブレンド



アルザス


単一品種を使って、酸味が特徴のワイン。



プロヴァンス


プロヴァンスは、『辛口ロゼワイン』が有名。
ロゼワインのところも参照してみてください。



ロワール


ロワールと言えば『白ワイン』と『貴腐ワイン』が有名。
貴腐ワインのところも参照してみてください。



ヤスウマワインが飲みたくなったら



RETURN TOP
スポンサーリンク

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村