ワインの開け方

ワインの栓


ワインの栓と言えば『コルク』による栓を思い出す人も多いのではないだろうか。

ヤスウマ界(?)では、コルクに変わる代用品として、
スクリューキャップも使われている。

s-DSC05164


ちょっと安物くさい・・・と思われがちな代用品だが、
コルクにはコルクの問題もあるのだ。

天然のコルクには『不良コルク』という問題がある。
不良コルクとは、簡単にいうと『腐った臭いがする』のである。

実際に腐っていてお腹を壊す・・・ということではないようだが、
ワイン界では『濡れた段ボールにカビが生えたような臭い』と表現するらしく、
普通に『カビくさいでいいじゃないの?』って思わなくもないが、
やたらと無駄な修飾語が多いワイン界ではそういう表現をするようで、
とにかく、くっさいのである。

これは全体の2~3%とも言われており、結構大問題である。
※工業の世界では100万個に1個の不良でも問題視するので、
この2~3%という不良率はメチャ大きい数字なのである。

そういう背景もあって、今ヤスウマ界に限らずワイン業界では、
天然コルクに変わる、プラスチック製の代替えコルクや
先ほどのスクリューキャップが注目されている。

そもそも、コルクを抜く作業が面倒と言う人には、
スクリューキャップでいいという人もいるはずである。

とにかく、1年に100本ワインを飲んだら、そのうち2~3本は、
コルクがクッサイのである。

たまたま、その『当たり』を引いても、めげずに楽しむことにしよう。


ワインのパッケージ!?


さて、スクリューキャップはひねればいいし、
飲み残しを保存するときも、超ラクだ。

ヤスウマレッドとしては、スクリューキャップでもいいと思っている。

しかし、世の中のワインは、たとえヤスウマであっても、
結構コルクというケースも多い。

そして、天然コルクであろうと、代替えコルクであろうとも、
やっかいな奴がいて、それがアルミ製のパッケージ(?)である。

これを『キャップシール』と言うらしいが、
ミシン目などの『開け口』がなくて困った人も多いのではないだろうか。

そこで、この開け方をお伝えしておこう。

これはヤスウマ界でも必要なスキルなので、覚えておいて損はない。



1、くぼみのところの全周に切れ込みを入れる

s-DSC04926


2、たてに切れ込みを2本入れる

s-DSC04931


3、ナイフの先で、たての切れ込みをめくり上げる

s-DSC04933

4、キャップシールを外す

s-DSC04937

ナイフが無い時は、カッターナイフでも良いが、
手を切らないように、力を入れすぎず、
一回で切ろうとし過ぎないことである。

2周回転させても、3周回転させてもいいので、
とにかく深く切ろうとしないようにしよう。

ヤスウマレッドとの約束だ!



コルクの抜き方


キャップシールが外れたら、いよいよコルクの抜き方だ。

特殊な楽々コルク抜きがあると便利だけど、
普通は酒屋でタダでもらう『サントリーのコルク抜き』だろう。
ヤスウマだから、それも風流だろう。

テクがあれば、これでも十分コルクは抜けるので、
そのやり方を示そう。



1、コルクにコルク抜きを真っ直ぐ立てる

s-DSC04944

2、コルク抜きを『ひと巻き残し』まで、ネジネジする

s-DSC04161

3、コルクを数ミリ抜く

s-DSC04164

4、コルクが少し出てきたら、コルク抜きを最後までネジネジする
このとき、空回りするようなら、コルクが乾燥してスカスカなので、そのまま5へ進む。

s-DSC04165

5、コルクを引っこ抜く

s-DSC04168

注意点としては、コルクがちぎれないように、
しっかりネジネジすることだ。
特に、ひと巻き残すくらいでチョイ抜きするのがコツだ。

これ以下だとコルクがチギれ、これ以上だとコルクを打ち抜いてしまう。
どちらもコルク片がワインに入って、マズくなってしまう。

コルクをネジネジする時に、ちょい斜めに入ることがある。
ひと巻き残る程度ならいいけど、ひと巻きどころかふた巻き以上残る場合は、
斜め過ぎるので、チギれる可能性が高い。

いったん抜いて、もう一度差し込みの場所を変えてネジネジしよう。

無理は禁物。
ズッキンダーにワインを明け渡さないように丁寧にネジネジしよう。

なお、ワインを保管する時や、一時コルクで栓をして置く時は、
コルクをひっくり返して先っぽをビンの口にさしこめばいい。
ひっくり返さないと、コルクの方が大きくて差し込めないハズだ。

s-DSC04172

さぁ、やってみよう。

⇒次:ワインの飲みごろの温度


RETURN TOP
スポンサーリンク

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村