日本のワインの特徴

s-japan
日本のブドウは生食用が多いのですが、
醸造用の日本固有品種として『甲州』がある。

世界的にもこの『甲州』を栽培しているのは日本だけで、
ルーツをたどると奈良時代にシルクロードを渡って伝わったといわれている。

以前は甘口が多く、世界的には評価が低かったものの、
最近は醸造方法を改良して『甲州』を使った辛口の白ワインが
世界的に高い評価を得始めている。

山梨県の勝沼の甲州白ワインが有名で、日本食との相性も良い。
日本のワインは、海外のワインはもちろん、国内の日本酒との比較をされることも多く、
急成長が素晴らしい。

他に長野県、山形県、北海道、でも醸造されている。

赤ワインとしては、『マスカットベリー-A』という品種が有名。
身近なワインとして、まず日本のワインから飲んでみる、
というのもおすすめだ。

ヤスウマワインが飲みたくなったら



RETURN TOP
スポンサーリンク

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村