赤ワインと白ワインってどう違うの?

原材料の違い

赤ワインと白ワインの一番大きな差は何か?
それは原材料の違いです。

赤ワインには『黒ブドウ』を使い、白ワインには『白ブドウ』を使います。

ただし、赤ワインに『白ブドウ』を混ぜることもあります。
また、『黒ブドウ』を圧搾して、白い果汁を得ることができるので、
白ワインに『黒ブドウ』を使うこともあります。


製法上の違い

白ワインは収穫して実を房から取り外して果実をつぶしたら
『プレス(圧搾)』してから(絞ってから)『アルコール発酵』させます。

赤ワインは収穫して実を房から取り外して果実をつぶすところまでは同じですが、
『アルコール発酵』させてから『プレス(圧搾)』します。

この違いは、『赤ワインには果皮と種子が重要な要素』だということです。
プレスするときに、果汁と果皮・種子を分離するので、

『果皮と種子と一緒にアルコール発酵させるかどうか?』

という違いということができます。


飲む側から見た違い


赤ワインと白ワインを飲む側から見た違いは大きくは3つ。

・飲む温度
 赤ワインの方が高めの温度で飲む

・味の要素
 赤ワインは渋み、白ワインは酸味、に特徴がある。

・甘さ
 白ワインの方が全体的に甘め

ここで、『どの料理と合うか?』という、よく聞く違いについては
あえて違いとして含めなかった。

これは、一般論として肉料理には赤ワイン、魚料理には白ワイン、という話もあるが、
どちらかというと、濃い味には赤ワインの方が料理に負けず、
薄口の味の場合は白ワインの方が料理に勝ちすぎないという分け方の方が、
実際の味覚には近いという思いがあるからである。

ワインと料理との相性をマリアージュというが、
そもそも、料理ごとワインの種類ごとの組み合わせを評価する世界だから、
肉と魚・・・という大雑把な相性は、通用しないという背景もある。

だから、
「どのワインを選びますか?」
とレストランで聞かれたら、知ったかぶりをせず、
「どれがいいのか、おすすめを教えてください。」
と訊けばいい。

何百という種類の料理、何百という種類のワインがあるので、
細かな相性なんて、知らなくても気にしなくていい。

RETURN TOP
スポンサーリンク

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村