ソムリエとは?彼らの味の表現とは?

ソムリエの資格


まずはヤスウマ戦隊的には『ぅぅぅっ』って感じだが、
一応正式な定義を見てみよう。
以下はソムリエ協会のサイトから『ソムリエの定義』ってのを抜粋してきたものだ。

以下抜粋だ。

“ソムリエ”とはワインを中心とする酒類、飲料、食全般の専門的知識を有し、その仕入保存、在庫・品質管理、サービス方法等に留意し、個々のお客様の求めに応じる。また酒類及び料理選択の際には適切な助言をおこない食事内容を健全で豊かなものにし且、食事環境を清潔、衛生的で快適な雰囲気にすることを目的として、良質の物的・人的サービスの提供を行うことにより経営の安定化、及び飲食の快適性、安全性、文化性の維持向上を推進するものである。その活動の場は飲食提供を行う場であり、ワインを中心とする飲料のサービスを専門的に携わる者の「職業」を言う。

厚生労働省 職業分類(大分類E サービスの職業、中分類40 接客・給仕の職業、小分類403 飲食物給仕係、細分類403-03 ソムリエ)のとおり認定された独自の職業である。


ということで、ワインを軸にして関連する知識と接客に関する飲食のエキスパートを
職業として『保護+育成』するための資格のようだ。

小難しいが、幅広いってことはよく分かったぞ。
厚生労働省からも職業分類されていて、格式が高いこともよく分かった。

日本は一般社団法人による日本ソムリエ協会というところが資格認定しているようだ。
ソムリエにも
マスターソムリエ資格>シニアソムリエ資格>ソムリエ資格
というランクがあるようだ。

ついでにワインアドバイザーだのエキスパートだの名誉ソムリエだの、
だんだん多すぎてわからなくなるほどの分類がある。

レストランやショップなどでは金ピカのブドウのバッジがをつけているので、
見かけたら話しかけてみるのも・・・いいかもしれない。

s-badge

ソムリエの味の表現

 
ヤスウマ戦隊では、勝手に自分の表現方法を使っているが、
ソムリエさんたちは資格を得る上でガイドラインに従っているから、
当然レッドたちとは違う表現方法で表現してくるぞ。

「たまには高いワインを買おう」
と思った時に、知っておくと便利なので一応軽く触れておく。

ただし、ワインジャーの表現はそのままつらぬくので安心してくれ。
ヤスウマはワインジャー、高いのはソムリエさんに任せよう。

軽いと重い


s-a1020_000061
ソムリエさんはワインのことを、『軽い』や『重い』と表現するらしい。

レッドなら「気のせいだ」っていっちゃうけど、一応使うらしい。
どうやらソムリエさんたちの豊潤な表現方法とつたない説明を解読すると、
『軽い』『重い』はエキスのことを指しているようだ。

多分、甘みと渋さと酸味と苦みとアルコール分を除いた残りの化学物質を
何らかの方法で感じているようだ。
とろみとか、舌触りとか、そういう尺度を使っているのかもしれない。

いずれにしても、高精度のセンサーを持っているに違いない。
もしも、ただの色の濃い薄いで判断してたらガッカリだけどな。

渋いと酸っぱい


渋いはどうやら赤ワイン専用の表現らしい。
シャアの渋さは、赤だからなのかもしれない(?)
というしょうもない話はさておいて、レッド嫁は正直ワインが苦手だ。

そのレッド嫁は相当渋みセンサーが発達していて、白ワインでも平気で渋いっていってるぞ。
だから、レッドは口が裂けても
「白ワインは渋いって表現はしないのだ」
とは言えない・・・。

だから、これは一般論として受け止めておこう。
渋みは赤ワイン、これがソムリエさんの常識なのだ。

そして、ワインジャーの一員として、ヤスウマホワイトには渋みも表現させるのだ。
だってレッドの嫁が怖いんだから仕方がないぞ。

また、酸味は赤でも白でも使う表現らしい。
だが、酸っぱいは白ワインの必要条件らしくて、
赤ワインの渋みと同じように白ワインの酸味ということらしい。

だから、酸っぱくない白ワインは存在しない、ということなのだろう。
(その強弱はともかくとして。)

甘口と辛口


さすがに辛口と書いて塩味やトウガラシの辛さを思い浮かべるとんちんかんはいないと思うが、
一応甘さの強弱を表すことばとして、甘み強めを甘口、甘み弱めを辛口と言う。

辛口をドライと表現したりもするぞ。

それで、ヤスウマレッドは赤ワインにも甘み表現があってもいいと思うが、
ソムリエさんの世界では、甘辛は白ワインの表現らしい。

だから、赤ワインにはあえて甘辛の表示はなく、
全て辛口が前提のようだ。

メルシャンのワインには甘口の赤ワインがあるが、
あれはきっと濃縮還元ジュースを添加しているのだな。
あれはあれで飲みやすくて好きだけどな。

ただ、甘口だとたくさんは飲めないのは確かだ。
ということで、甘口辛口の表示は白ワイン、ということは知っておこう。

高級な赤ワインを買いに行く時に
「甘口どれですか?」
っていうと、恥ずかしい思いをするかもしれないぞ。

レッドは平気だけどな。

ライトボディ・ミディアムボディ・フルボディ


でた!これだ。
これがヤスウマレッドを泥沼に引き込むわけのわからない表現、
『ボディ』
ってやつだ。

どうやら、冷静に調べてみると『ボディ』とは『コク』のことらしい。
ただ、この『コク』ってやつも実は『分かった気になる言葉』のひとつだ。

例えばカレーのコクは同じカレーを初日と次の日で食べることで
体感することが出来る。
しかもカレー食べたことない人は珍しいだろう。

だから、言わんとすることは共通認識とできる。
しかし、ワインのコクって何さ?
レッドは煮込み料理のコクはわかるが、煮詰めないもののコクはわからんぞ。

わからんことをわからんと言うのは正直勇気が必要だが、
レッドはわからんことはわかったとは言えない。
だって正義の味方だからだ。

世のワンコインなお父さんたちが一生懸命100円を節約する横で、
2500円のコスパ抜群のワインとか口が裂けても言えないぞ。

だから、このコク、あるいはボディは難しいのだ。
というより、誰かまともな奴がちゃんと説明すればいいのだ。

レッドはレッドなりに悩んでいるんだぜ。

一応、とは言ってもレッドなりの考えだが、
これは『軽い』『重い』で話した『エキスの量』ということにしておきたい。
煮込み料理でも煮込めばエキスが増えるからな。

エキスの濃度が増えれば『とろみ』や『色み』や『香り』が強くなるはずだ。
ただし、味蕾(みらい=舌の味を感じるところ)にこれらを感じるセンサーは無いので、
それを苦し紛れに
「ぼでぇがすげぇ」
って表現にした、ということにしておくぞ。

いや、レッドの解としてこれで認定する。
(決して、もうめんどうクサくなったワケではないぞ。)




ソムリエの香りの表現


s-a0024_000401
ワインはその醸造過程で色んな香りが含まれる。
もちろん、原料となるブドウ果実そのものに香りがあるのは当然だが、
それ以外にも樽から付着する香りや、保管場所の地下室の臭いが付着することもある。

そもそも大昔からブドウをつぶして放置していたらアルコール発酵した、
というのがワインの始まりだから、相当劣悪な環境でも醸造されてきたに違いない。

それでも酒は人を魅了するから、その人の欲望の歴史と共に、
いろんな製法や保管法が編み出され、その歴史までを香りに含まれるに違いない。

とりあえず、ボディと違って、臭いは簡単だから話は早いぞ。
実際に色んな過程で付着した香りを、ワインに関係ないもので表現すればいいのだ。

・湿った皮のような
・獣っぽい
・タバコの葉のような
・猫のおしっこのような
・(ブドウ以外の)果実のような

というような感じだ。

ちょっとしたフランス人の茶目っ気による遊び心からヘンテコな表現が生まれたそうだが、
背景がわからないと、突然漫才のオチを聞かされるようでつまらない気もするぞ。

これ、真に受ける奴がダメだな。

ちゃんと前振りから順を追って「(ほめことばとして)猫のおしっこのような香り」だったらいいが、
突然言ったって、ただの裸の王様でしかないぞ。
誰かちゃんと指摘してやった方がいいぞ。

とりあえず、レッドなら
「ブドウの香りの奥にほのかに獣のような香りがするな。
彼女の家で二人楽しくワインを飲んでいたら、
彼女の飼い猫が嫉妬してわざとテーブルの横でおしっこして、
でもその姿がかわいいから許してしまって、二人で大笑いして。
そんな楽しいひと時を思い出すような、猫のおしっこの香りが混じってるようだ」
って言ったら、(カッコいいかは別にして)何となく納得するぞ。

前振りなしで「ワインってこういう表現するんですぅ」って言われても
獣だのおしっこだのの臭いがしてワインのことが好きになることはないぞ。

何だかわからなくなってきたが、
ワインは色んな香りの表現をして楽しむもの、だそうだ。




ソムリエの香りの持続時間の区別表現


ソムリエは香りの持続時間についてこんな表現を使うようだ。

・インパクトがある=香りが2、3秒で消えること。

・エレガント=香りが2、3秒で消えるが、その後も少し余韻が残るもの。
 主張しすぎない、というイメージから来ているようだ。

・ボリュームがある=華やか=香りが10秒くらい持続すること




その他のソムリエさんの良く使う言葉


・フルーティー=渋みが少なく、酸っぱすぎず、飲みやすい

・スパイシー=赤ワインで使う表現。刺激のある香り。

・ミネラル=硬水と同じく、実際にミネラルの量のこと。
      ミネラルが多いと、のど越しが重くなってゴクゴク飲めなくなる。




こう書くと、ヤスウマレッドがソムリエさんに嫉妬しているようだが、
それは違うぞ。
バカにしているワケでもないぞ。

ただ、本当に飲めるワインを紹介して欲しいだけだ。

たまに飲んだワインが普通の感覚でマズいとダメージが大きいのだ。
実際に、二度と赤ワインは飲まない、という人もいるのだ。

そういう人を少なくしたい、というのがレッドの本心だ。






RETURN TOP
スポンサーリンク

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村