ロゼワインって何?

s-rosewine
ロゼワインは、ピンクのワインのことだ。

ブドウの種類

初めヤスウマレッドは白ワインと赤ワインを混ぜるのかと思ったが、
実際にはブドウは赤ワインと同じ『黒ブドウ』を使うらしい。

どうして『黒ブドウ』がピンクになるのか?それは製法に秘密があるようだ。


製法

『黒ブドウ』も、果肉の部分は白い。

『黒ブドウ』を房から取ってつぶし、『プレス(圧搾)』つまり絞ってしまう。
すると、果皮の色がそれほど含まれず、ピンク色の果汁になる。
これをアルコール発酵させる方法が直接圧搾法と呼ばれる。
『黒ブドウ』を白ワインの製法でつくるとピンク色のロゼワインになるわけだ。

実はもうひとつ製法があって、
『黒ブドウ』を房から取ってつぶすところまでは同じで、
そのままアルコール発酵をさせる。

アルコール発酵が進むと、徐々に果皮の色に液体が染まって行くので、
丁度ピンクになったらタンクの下から液体の部分だけを抜いてしまう。

(逆に言うと、赤ワインは製法途中ではピンク色になっているという見方もできる。
このピンク色の時にタンクの下から液体を抜いてしまうのだ。)

抜いた液体は、まだアルコール発酵途中なので、
その液体をそのままアルコール発酵させると完成。
※液体と表現したのは、果汁+アルコールであるため。

この場合、『プレス(圧搾)』せずに、液体を抜くだけ、という違いがある。
こちらの方法は、セニエ法と呼ばれる。

あとは、直接圧搾法とセニエ法のロゼワインを混ぜる方法もあるらしい。



どんな味?

渋みが少なく、しかも甘すぎないので、
誤解を恐れずに表現すると、『ガブ飲みワイン』ということもできる。

赤ワインと白ワインの中間ということで、甘口も辛口もバリエーションが広く、
キーンと冷やして飲むので、渋みも緩和されることからも、
渋みが赤ワインほどではない、飲みやすいと感じる人も多いだろう。



どんな料理にあうか?

そもそも日本で飲まれてきたロゼワインは、
ピンク色のため(← 意味深 →)甘口が飲まれてきた。
そのためにも、あまり料理と合うイメージがない。

しかし、実際にはヨーロッパでは『プロヴァンスのロゼ』と言われるくらい、
リゾート地、特に地中海に面した暑い太陽の下で、
ニンニクやスパイスの効いた地中海料理と共に辛口のロゼが楽しまれている。

太陽の下で昼間に楽しむワインとして、パンチの利いた料理とロゼを飲もう。
もちろん、辛口のロゼを夏のバーベキューと共にビールの代わりに楽しむ、
室内の場合は、中華料理と一緒に楽しむというように、
大雑把に言って『ビールに合いそうな料理』と辛口ロゼはあうようだ。

RETURN TOP
スポンサーリンク

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村