ワイングラス

ワイングラスの種類

ワインを飲む時は、チューリップ形のグラスを使うことはご存知だろう。

s-DSC04180


だが、そのチューリップにも色んな種類がある。
細長いのがスパークリング隊長が使う、スパークリング用で、
それ以外にもいくつが種類がある。

とりあえず、細長のスパークリング用とチューリップ形の
2種類を使い分ければ良しとしよう。

※いちおう、ブランデー用みたくぶっといブルゴーニュ用とか
万能型とかあるようだが、『だから何?』って感じなので無視する。

ワイングラスがチューリップ形なのは、香りを楽しむためと思っていいだろう。
飲み口が少し閉じているので、香りを鼻孔に集めて香りを楽しみやすいのである。

また、赤ワインをクルクル回す時にもこぼれにくいので、便利だ。
細い脚をステムというが、そこを持ってグラスの口を少し自分へ向けて回す。

このクルクル回すのはワインに呼吸させるためだが、
単純に渋いのを何とかしようと頑張っているだけの話で、
『赤ワインはクルクル回るのが作法』と思っていたら、それは誤解だ。

あれは、『シッブいワインだぞ!何とか渋さを飛ばさないとマズイぜ。』
って頑張っているのだ。

だから、飲んでみて『ちょっと渋いな・・・』って思う時は、あれをやろう。
ツウっぽくて、彼女も惚れ直すかもしれないぞ。

ちなみにヤスウマレッドの嫁は『こぼすなよ!』って目で睨んでいるぞ。
誰にでも効くわけじゃないから、クルクル回す時は周りの空気は読もうな。



ヤスウマレッドが使うワイングラスはコレだ!


いくらヤスウマだからといって、グラスは少しこだわりたい。
安いワインだって、グラスくらいは『ちょっといいもの』を使ってほしい。

倦怠期の夫婦にだって、最低限の礼儀は必要だ。
同じように、ヤスウマ界にだって最低限の礼儀としてワイングラスくらいは用意したい。

ワインも湯のみで飲むのと、ちょっといいワイングラスで飲むのとでは味は全く違うぞ。

これは雰囲気だけの問題じゃないし、錯覚でもない。
グラスが良ければ、高級ワインをどんぶりで飲むよりウマく感じるだろう。
グラスが良ければ、芸能人格付けチェックでも見分けがつかないだろう。

それくらいグラスが大切だ。

さぁ、グラスの重要性を十分前振りしたので、そろそろ本題に入る。

で、これは自慢だが、ヤスウマレッドはリーデルの
『ちょびっとだけいいワイングラス』を使っている。

これだ。

s-DSC04001
2脚入って、2,600円だった。
これはおすすめだ。




クリスタルだから音も抜群。
※静止画像のテーブルがやたらと黒いのは、汚れているわけではない。


s-DSC04844
普通のグラスの1/2~1/3の厚みの1.1ミリしかなかったぞ。
透明度といい、口当たりといい、一度使うと戻れなくなる逸品だ。

ヤスウマワイン界に入門する時は、ぜひゲットしておこう!

⇒次:ワインの開け方




RETURN TOP
スポンサーリンク

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村