赤ワインに合うしょっぱいブルーチーズをマイルドに楽しむクッキング#1

s-a1180_003126

ブルーチーズ


ブルーチーズ、それは禁断のチーズ・・・。
ヘンチクリンなワイン界では、チーズはつまみに大人気だ。

日本でもチーズはビールのつまみとして『高級品』だ。
ヤスウマレッドもスモークチーズとビールとかたまらんぞ。

でも、ワイン界では、キングオブチーズはブルーチーズなんだそうだ。

一応、知らない人はいないと思うが、ブルーチーズは
『青カビの生えたチーズ』のことだ。

マジ青カビだ。まんま青カビだ。ビックリするくらい青カビだ。

食べてみると口の中が強烈にしょっぱい上、青カビの香りがして、
ついでに食感はモソモソしてるが油っぽく(バターみたいな感じ)、
食べてるうちに、クドく感じる。

初めてブルーチーズを食べる人だったら、衝撃を受けるだろう。
中学生がエロ本を拾って見てみたらヘンタイものだった・・・くらいの衝撃があるぞ。
(あ、期待と結果の高低差の違いって意味ね。骨折するくらいのギャップだね。)

でも、これがワイン通いわく『最高のマリアージュ』らしい。
この辺もワイン業界のドヘンタイっぷりがうかがえるね。

しかし、ブルーチーズ慣れしていないヤスウマレッドにすれば、
ブルーチーズと赤ワインが双方の欠点を補って、
最高のハーモニーをかもしだす・・・っていうのは、
ちょっとよくわからん世界だ。

我々になじみのあるビールとスモークチーズの組み合わせと比べると、
ビールとスモークチーズは単体でどっちもイケてるのに、
ブルーチーズは単体だとしょっぱすぎるし、風味もクセがあり過ぎるぞ。

しかし、トライしないまま尻尾巻いて逃げるのも悔しいので、
ヤスウマレッドはちょっと考えた。

『ヤスウマ界でもブルーチーズを楽しむ方法はないか?』

とりあえず、怖いもの見たさでブルーチーズ未体験の人が、
試してみたい、というケースを考慮して頑張ってみた。




ブルーチーズ弱点


ブルーチーズの弱点は

 ・しょっぱすぎる
 ・風味がどぎつい
 ・あぶらっぽい

ことだが、赤ワインとのマリアージュという意味で言うと、
ある程度のしょっぱさとあぶらっぽさを少しだけ楽しんで、
口の中で赤ワインとまぜれば良いってことだと理解してみたぞ。

胃の中でマリアージュしても、味覚はないからな。
意味ないだろう。

で、オイラはちょっと考えた。
これなら、弱点を克服し、しかも懐に優しいって。




材料


キューピー3分クッキングの曲スタート!

4~6人分くらいの量。
・おから150g
・ブルーチーズ 10~30g(初心者は10gからをお勧めする。)
・酢 小さじ1
・しょうゆ 小さじ2
・みそ 小さじ2
・マヨネーズ 大さじ4
(ブルーチーズがしょっぱいので、10gなら大さじ4、20gなら3、30gなら2、と加減しよう。)
・魚肉ソーセージ1本
・キュウリとかニンジンとかお好みで入れる。

今回は入れなかったが、
キュウリは輪切り、ニンジンは細切りにする。。




クッキング


いたって簡単だ。
調味料⇒魚肉ソーセージ⇒おから⇒最後にブルーチーズ
の順で混ぜていくだけだ。

s-bluecheese2
s-bluecheese3
みそとしょうゆと酢とマヨネーズを混ぜる。

s-bluecheese4
魚肉ソーセージを輪切りにする。
キュウリやニンジンやちくわなんかもあれば、お好みで入れる。

s-bluecheese5
混ぜる。

s-bluecheese6
おからを入れる。

s-bluecheese7
混ぜる。

s-bluecheese8
ブルーチーズはお好みだ。
写真は30g分だが、結構しょっぱかったな。

この後の感想でも書いたけど、このまま混ぜてもいいけど、
小分けにして、ブルーチーズとおからのサラダを別々に出してもいいと思うぞ。




感想


s-bluecheese1
これなら、ブルーチーズの弱点はほとんどなくなる。

 ・しょっぱすぎる
 ・風味がどぎつい
 ・あぶらっぽい

どれも、おらかとマヨネーズが良い感じで緩和してくれる。
何か赤ワインとのマリアージュというより、食材のマリアージュになってしまったぞ。

ただし、塩分は相当キツイので、
人によってはブルーチーズを加減したいと思うかもしれないな。

だから、提案だがブルーチーズは混ぜないでおいて、
ブルーチーズは単品で出し、お好みでチョビチョビ入れていけばどうかな。

そうすれば、ブルーチーズだけで楽しみたい人は単体でも楽しめるし、
個人の好みで調整が出来て良いと思うぞ。
好きな人はドバドバ入れて、マリアージュを楽しめるぞ。

初心者はそれなりに楽しめる。
マヨネーズとおからでブルーチーズが食べやすくなったぞ。

ということで、最後のまぜまぜする手前で完成、
食べる時に好みに合わせてブルーチーズを加えよう。

ちなみに、上記の分量でも相当塩分とあぶらっぽさと風味にパンチが効いてたぞ。
それを打ち消すためにワインを飲むということであれば、
スゴク組み合わせはいいと思うが・・・。

でもこの飲み方は、多分マリアージュではないようにも思える。
まだまだ先は長いのぅ。





RETURN TOP
スポンサーリンク

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村