パンの耳でフレンチトーストカルボナーラ風

s-karubo
今回紹介するのは、あまったパンの耳を使ったおつまみだ。

サンドイッチを作るとどうしてもパンの耳があまるよな。
そんなパンの耳をパン粉にするだけじゃぁモッタイナイので、
これをヤスウマなつまみに変えてみようじゃないか。

では、MOTTAINAI活動スタート!

WS000367


材料


s-carbonara1
パンの耳(1斤分くらいだが、ある分でOK)
卵 1個
牛乳 100ml(ヤスウマレッド家では豆乳を使用)
パルメザンチーズ 大さじ1
塩コショウ 少々

カルボナーラは生クリームを使うが、ヤスウマ戦隊ではもちろん使わない。
牛乳もしくは豆乳で十分だ。

ちなみに、デカイパルメザンチーズは『コストコ』で購入したものだ。
このサイズのモノが2個ついて1800円くらいだったと思う。

では早速クッキングスタート。



クッキング


s-carbonara2
今回は卵黄だけを使った。
お好みで、全卵を使ってもいい。
ただし、全卵を使う時は、チーズを混ぜる前によく混ぜるのを忘れずに。

s-carbonara3
全卵の時はよく混ぜておいて欲しいが、卵黄なら混ぜなくてOKだ。
ここでチーズを入れる。

s-carbonara4
塩を入れる。
ちょっと多めの方がいいと思うぞ。

s-carbonara5
コショウはお好みで。

s-carbonara6
よく混ぜる。

s-carbonara7
今回入れる牛乳は100mlだ。
少し入れては混ぜて、ダマにならないようにな。

s-carbonara8
1/3くらい入れて、よく混ぜる。

s-carbonara9
こんな感じ。

s-carbonara10
残りも少し入れては、よく混ぜる。
牛乳を全て入れて混ぜたら次へ。

s-carbonara11
s-carbonara12
s-karubo2
ここで、パンの耳を入れる。

s-karubo3
後は、油を引いて、フライパンで焼く。
表面がこんがり色がつけばOK。

以上で、完成だ。

今回はフライパンで2回に分けて焼いたので、トータル20分くらいかかったかな。
まぁ、合格ラインってところだな。



試食の感想


s-karubo
味は悪くないんだ、実際。
ただ、ちょっとスナック菓子系の味になるので、安っぽいのは否定できないぞ。

こんがり表面を焼けば、チーズの焼けた感じがウマいので、
スナック菓子感を気にしなければ、ワインと合う一品だ。

ヤスウマレッドはあまりスナック菓子を食べないのだが(レッド嫁は自然食品派だ)、
スナック菓子を食べたい時もあるよな。
そんな時に、これなら問題ないのだ。
レッド嫁も食べてみて、まんざらでもないようだった。

・・・ということで、このおつまみは、
『あまったパンの耳を使った自然派スタイルのスナック菓子』
っていうことにしておこう。

一応、レッドの好みの味なのでヤスウマ認定だ。

s-yasuma-red-full
サンドイッチを作った日は、思い出してほしい。




RETURN TOP
スポンサーリンク

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村