キュウリの塩こうじ漬け

つくり方


余ったキュウリ1本がつまみになるカンタンクッキングの紹介だ。

超カンタンなうえ、他のやさいにも応用が効くので、ぜひ覚えて欲しい。

s-cucumber2
材料はこれだけ。
キュウリ1本、塩こうじ小さじ1、白ゴマ少々(あれば)

s-cucumber3
両端を切り取って、1口サイズに切る。
写真は乱切り(1回切るごとに90度回転させる切り方)だが、ぶつ切りでも何でもいい。

s-cucumber4
塩こうじが小さじ1。
これをスーパーのレジの透明な袋を1枚もらってきて、そこでへ切ったキュウリと入れる。
この時は新しい袋を使おう。
肉とか入れてたやつは、食中毒がコワいからね。
(それは生ごみを捨てる時に使おう。)

s-cucumber5
s-cucumber6
これを、袋を風船のようにふくらませて、シェイクする。
そう、日清製粉のから揚げ粉をまぶすように、だ。

s-cucumberx
その後、空気を抜くのだ。
ここでの『バッキューム』が大切なんだな。
空気を抜くことで、塩こうじとキュウリの水分がいい具合に混ざるのだ。
そして、それがウマみに変わる。

この『バッキューム』が一番大切なので、覚えておいてほしい。
『何だ塩こうじと混ぜるだけじゃ~ん』って言って、侮らずに、
これはちゃんとやろう。

s-cucumber7
で、冷蔵庫に入れて寝かすのだ。
4時間くらいは少なくとも寝かせたい。
できれば8時間以上だと、なお良いだろう。

ちなみに、ビニールが薄いので、破れたりすることもある。
そのため、ちゃんと水が漏れてもいいように、受け皿に入れておこう。

これを忘れると、レッドは嫁に掃除を命じられるのだ!
冷蔵庫は供用だから、マナーはちゃんと守ろう!

試食の感想


s-cucumber1

見ての通り、白ゴマを振りかけると、結構見栄えも悪くないと思うぞ。
近所の居酒屋の付き出しみたいだな。

味は、見たまんまキュウリの漬物・・・のようだが、
普通の漬けモノは結構時間と手間がかかる。

しかし、これは仕込み5分以内で出来るので、朝コーヒーを淹れる横でちょいと仕込めば
夜には出来ているのだ。
多少の手際の良さは必要だが、漬物よりも大分楽で、漬物並みのウマさだ。

赤ワインと合わせているが、白とかでも良さそうだ。
とにかく味は薄い塩味でうまみが出てるから、ワインの邪魔をしないぞ。
テイスティングの時には使えるな。

ぜひ試してほしい。

じゃ。



RETURN TOP
スポンサーリンク

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村