BELLAMICO

s-DSC06347
【国データ】
イタリア
赤ワイン

【ワイン名】
BELLAMICO
MONTEPULCIANO D’ABRUZZO
ベラミコ・モンテプルチャーノ・ダブルッツォ

【ブドウ品種】
MONTEPULCIANO

【参考価格】※特価の時もあるので、あくまで参考価格だ。
イオンモールワイン専用コーナー
¥1,008-

【度数・容量】
12%
750ml

s-DSC06357
【試飲レポート】
今回はヤスウマ戦隊初となるイタリアのワイン。
以前イタリアのワインで超激ウマを飲んだことがあるので、スゴク期待している。

生産地:ABRUZZO アブルッツォ州というところらしい。

まずは香りから。
少しスミレの香り?がしてきた。
ついでに弱いが、キノコの香りもしてきた。

どちらもちょっと苦手な香りだが、弱いので何とかイケるかも!?
と思ってテイスティングスタート。

甘みは弱いが、渋みも弱いので、相対的に甘みは感じる。
酸味はほとんど感じない。
このパターンは飲みやすいパターンだ。

・・・

・・・が、飲むうちに徐々にキノコの香りが強く感じてきた。
香りが鼻孔で残る感じ。

・・・これは、ダメな傾向だ。

味はともかく臭いがだんだんムリっぽくなってきた(香りではない、臭いだ)。

『スゴク飲みやすい、1本があっという間にペロリ』というインプレも見かけたが、
ヤスウマレッドは2杯でダウンだ。

それでも、イタリアの赤(フェラーリみたいだな・・・フェラーリに怒られそうだが)には
スゴク期待していて、ちょっとくらいでは引き下がれない。
・・・多少えこひいきしてでも、ヤスウマ認定してみたいと思う。

そこで、臭いをごまかすために、ワイングラスからもっと口の開いた普通のグラスに変更。
これなら、臭いが拡散してなんとかなるはずだ。

・・・と思ったが、それでも一度臭いと感じるとムリだな、やっぱり。

ギブアップ。

これ、1本丸ごとイケる人は別の意味でスゴイな。
『飲みやすい』って書いてたけど、レッドには全く理解できなかったぞ。

【ポイント】★は強弱の評価で、良い悪いではない。抜けの良さだけ良い悪いの評価。
甘み ★★☆☆☆ 甘みは弱めだけど、渋みが少ないので、味的にはバランス取れてると思う。
渋み ★★☆☆☆ 赤ワインにしては、渋みは少ない。
酸味 ★☆☆☆☆ 酸味はほとんどなし。
香り ★★☆☆☆ スミレっぽい香りとキノコっぽい香りが弱いながらも鼻に残る。
抜けの良さ ★★★☆☆ 悪酔いはしませんし、二日酔いもないです。

【総評】
レッドにとっては、イタリアの赤はカッコいい象徴だ!
だから多少のえこひいきは覚悟で臨んだが、まったくム~リ~だ。

残念だが、このワインの2回目はない。

味は普通っちゃあ普通なので、何かで割れば飲めるのだろうとは思うが、
この香りがイケるかどうか・・・がカギだと思う。
悪口を言うつもりはないが(もう言っちゃったけど・・・)、香り次第だと思う。

イタリアワインに期待していたところもあるが
(以前海外のイタリアレストランで最高にウマい赤ワインを飲んだ経験から)
残念だがちょっとこれは全部飲めない。

とにかく、キノコ系が強くなるとレッドはダメだな。

さらにスミレの香り(と表現されるアロマ)って、気にならない人もいるのかもしれないが、
レッド的には便所の芳香剤にしか感じられない。
ラーメン屋で席に案内されたら、トイレの真横の席で、中から漂う便所の芳香剤~
って感じだ。

ダブルパンチで、ノックダウンだ。

だんだん赤ワインのテイスティングに自信がなくなってきたぞ、マジで。
これをガブガブ飲めて、ウマいと表現できる人には勝てない気がしてきた・・・。
レッドって、本当は赤ワイン向きじゃないのかも。。。(←それは元から知ってた)

いや、レッド頑張れ!こんなことでくじけるな!俺たちの口にあうヤスウマだってあるはずだ!
今まではもっと当たりが存在すると思っていたが、ちょっと考えを改めて、
買う時に念力を使ってでも勝ちにいくぞ。

評価は・・・チッコイズッキンダーだ。

s-zukkin-da

RETURN TOP
スポンサーリンク

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村