FAMILAE PICCINI VINO BIANCO D’ITALIA

s-piccini_bianco0
【国データ】
イタリア
白ワイン

【ワイン名】
FAMILAE PICCINI VINO BIANCO D’ITALIA
ピッチーニ・ビアンコ

【ブドウ品種】
不明

【参考価格】※特価の時もあるので、あくまで参考価格だ。
¥980-

【度数・容量】
12.5%
750ml

【試飲レポート】
さて、今回はピッチーニの白ワインのレポートをお届けする。

白ワインは、過去飲んできた感想として比較的飲みやすいと考えているので、
今回もそれほど大きく外すことはないだろう・・・と予測してのスタート。

まずは例によって香りから。

s-piccini_bianco2
クンクンクン。

・・・

・・・

香りは非常に弱い。

冷やしているからかな?って思い、さらに香りをチェック。

・・・

・・・

いや、やっぱり何度チェックしても香りは非常に弱い。

スパークリングのように甘い香りというワケでもなく、
赤ワインのように、果実や花の香りでもなく、
ちょっとゴム系のクッサイ香りがほんのりしてくる。

どちらかというと、赤ワインでいうところのキノコ系の香りと、
アルコールの臭いしかしてこない・・・。

まぁ、弱いから気にならないけれど、
決していい香りではないのだ。

では、早速お味をチェック。

まずひと口目。

・・・

・・・

ドライ。

甘みは白ワインにしては非常に弱い。

辛口という話だったので、これは前評判通りだな。

さらにもうひと口。

・・・

・・・

白ワインにしては珍しく・・・渋い。

ついでに、白ワインにしては珍しく、酸味がない。

ちょっと赤ワイン系!?のテイスティング表記になるが、
味自体はやっぱり白ワインって感じだな。

渋みも、まぁそれほど強くないから問題はない。

う~~~ん、驚きも何もない印象の薄い味だなぁ。
これ以上レポのしようがない、困った白ワインだなぁ。

う~~~ん・・・、

仕方がないので評価へ。

【ポイント】★は強弱の評価で、良い悪いではない。抜けの良さだけ良い悪いの評価。
甘み ★★☆☆☆ 結構ドライ。甘みは弱い。
渋み ★★☆☆☆ 白ワインにしては珍しく、弱い渋みがある。若干苦みもある。
酸味 ★★☆☆☆ 白ワインにしては酸味は弱い。
香り ★☆☆☆☆ 若干キノコの臭いがする。香りは全体に弱い。
抜けの良さ ★★★☆☆ 二日酔いはしない。問題なし。

s-piccini_bianco1
【総評】
まず、香りはほとんどしないが、いい香りではない。
味はドライなので、食事の邪魔をしないが、単品で飲んでも印象が薄い。
アルコールの抜けはよく、ボトル半分飲んでも全く印象なし問題なし。

つまり、良くも悪くも

印象の薄い白ワインだったな。

あまりに影が薄くて、レポしづらい・・・。

ちょっとヤスウマ戦隊泣かせのワインだ。

オチにも感動にもならないっていうワイン。

で、結果ヤスウマホワイトなのかっていう話だけど、
それすら覚えてないくらい印象が薄い。。。
(決して酔っぱらって覚えてないってワケではない。)

ということで、このワインのレポートはここまでじゃ。

スマンのぉぉぉぉぉ。


RETURN TOP
スポンサーリンク

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村