JEAN BALMONT CABERNET SAUVIGNON 2013

s-jean_balmont_cabernet_sauvignon
【国データ】
フランス
赤ワイン

【ワイン名】
JEAN BALMONT CABERNET SAUVIGNON 2013
ジャン・バルモン カベルネ・ソーヴィニヨン

【ブドウ品種】
CABERNET SAUVIGNON
カベルネ・ソーヴィニヨン

【参考価格】※特価の時もあるので、あくまで参考価格だ。
¥950-

【度数・容量】
13%
750ml

【試飲レポート】
シックでシンプルなラベルのこのフランスの赤ワイン。
コルクなんだけど、テクニカルコルクみたいで、非常に開け易い。
冬場はビンが冷えて、コルクが抜けにくいから助かるんだな。

では、早速香りからスタート。

s-jean_balmont_cabernet_sauvignon3
クンクンクン。

香りが弱いので、スワリング。

クンクンクン。

やっぱり香りが弱い。

冬場は室温が下がっているので、少々香りは分かりにくい。

ベリー系のワインらしい香りが少しするが、
奥の方でスミレの香りもする。

とりあえず、苦手な香りではあるけれど、
それほど強くないので、そのままテイスティングへ。

まずはひと口目。

・・・カベルネ・ソーヴィニヨンということで渋味を想像していたが、

渋みはあるものの、それほどの強さではない。

赤ワインとしては十分感じる甘みとマッチしていて、結構飲みやすい。

飲むうちに若干苦みが出てくるが、
全体的には飲みやすくて、果実味が楽しめる。

例えるなら、甘くないジャムって感じで、
果実味はシッカリある。

・・・ただし、飲んだ時に『重い』印象があるんだな。

グラスに1杯か2杯飲むと、なぜか満足感が感じられた。
例えるなら、硬水のミネラルウォーターを飲んだ時みたいな、
そんな感じだったんだな。

ちょっと、グビグビ飲むには適していないワインかもしれないな。

でも、味は悪くないぞ。
レッドは飲みすぎないからいいかもな。

ある意味、節約ワイン!?ってことにもなるかも。

では評価をどうぞ。

s-jean_balmont_cabernet_sauvignon2
【ポイント】★は強弱の評価で、良い悪いではない。抜けの良さだけ良い悪いの評価。
甘み ★★★☆☆ 赤ワインの標準的な甘み。慣れてくると甘みも強く感じる。
渋み ★★☆☆☆ 渋味もあるものの、甘みとのバランスがよく、ほどよい程度。
苦み ★☆☆☆☆ しつこくはないが、苦みがある。料理と一緒なら気にしなくてOK。
酸味 ★☆☆☆☆ 酸味はほとんど感じない。
香り ★★☆☆☆ ベリー系の香りに加えて、若干スミレあり。
抜け ★★★☆☆ アルコールの抜けは良い。

【総評】
ワインとしての甘みはあるけれど、
甘みのないジャム・・・って印象が一番しっくりきたこのワイン。
果実をジックリ味わえるところが特徴かな。

ちょっと飲む時に重い印象があって、
グラス1杯か2杯で満足してしまうんだけど、
別に悪いワインということではないぞ。

ミネラルウォーターの硬水を飲んだ時の感じってのが近い表現。
(レッドはこれ以外の表現が思いつかないんだけど、伝わるかな?)

一応、メルローとの飲み比べになっているけれど、
このカベルネ・ソーヴィニヨンは渋みも穏やかなので、
比較的飲みやすい赤ワインだと思うぞ。

ただし、ちょっと最後に苦みがあるんだな。
これが気にならなくもないけれど、
それも料理と一緒なら苦みも気にならないはず。

ネットで見てみると品薄みたいだから、
人気のワインであることは間違いないようだ。

じゃ。


RETURN TOP
スポンサーリンク

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村