JEAN BALMONT MERLOT 2012

s-jean_balmont_merlot1
【国データ】
フランス
赤ワイン

【ワイン名】
JEAN BALMONT MERLOT 2012
ジャン・バルモン メルロー

【ブドウ品種】
MERLOT
メルロー

【参考価格】※特価の時もあるので、あくまで参考価格だ。
¥950-

【度数・容量】
13%
750ml

【試飲レポート】
エンボス加工されたオシャレなボトルが目を引くこのジャン・バルモン。
これはメルローということで、飲みやすさを期待してスタート。

カベルネ・ソーヴィニヨンのレポでも言った通り、
コルクが抜きやすくて助かりますな。

では、早速香りからスタート。

s-jean_balmont_merlot2
クンクンクン。

香りが弱いので、スワリング。

クンクンクン。

やっぱり香りが弱い。

冬場は室温が下がっているので、少々香りは分かりにくい。

ヘンテコな香りはなく、ワインらしい香りとスミレの香りが少々。
別にダメなレベルでもないので、早速アタック開始。

まずはひと口目。

・・・

・・・

・・・

んんん?ドライかな?

って思ったけど、確認でふた口目。

・・・

・・・

・・・

いやいや、ドライではないな。

甘みも十分感じる。
ついでに、渋みは弱め。

カベルネ・ソーヴィニヨンの時と比べて、渋みもなければ苦みもない。
ただし、果実味も弱め。

カベルネ・ソーヴィニヨンの方は『甘くないジャム』と感じたが、
こっちは果実味は弱めのスッキリした味わい。

スッゴイ飲みやすい・・・というか、サクサク行ける。

ただし、重厚さがない分、軽いワイン!?っていう見方もできるかも。
ひょっとしたらあんまり深みがないというか、味わいがないと感じるかもしれない。
そう言う意味では、ちょっと物足りない・・・って人がいるかも!?

ただし、飲みやすいのは非常に助かるので、更に飲み進めてみる。

・・・

・・・

・・・

まず、苦みがない。
非常に後味がスッキリしている。

飲んだ後に、サーーーーっと消えて行く感じ。
元々が果実とは思えないほど、後味がスッキリしている。

甘みも十分で飲みやすく、後味がスッキリしているので、
次また次へと飲んでしまう感じだな。

他にはない、後味スッキリ感・・・これが、この赤ワインの印象だな。
では、評価へ。

s-jean_balmont_merlot3
【ポイント】★は強弱の評価で、良い悪いではない。抜けの良さだけ良い悪いの評価。
甘み ★★★☆☆ 赤ワインの標準的な甘み。慣れてくると甘みも強く感じる。
渋み ★☆☆☆☆ 渋味が弱く、甘みとのバランスがよく、ほどよい程度。
酸味 ★☆☆☆☆ 酸味はほとんど感じない。
香り ★★☆☆☆ ベリー系の香りに加えて、若干スミレあり。
抜け ★★★☆☆ アルコールの抜けは良い。

【総評】
このワイン、非常に飲みやすく後味がスッキリ。
赤ワイン慣れしていない人には、とってもいいワインだと思うぞ。

カベルネ・ソーヴィニヨンの時は甘くないジャムで、果実味が強く、
深めの味わいだったのに対して、
こっちのメルローは、果実味は弱いものの、渋味が弱くて苦味もなく甘みが十分感じられ、
軽いけれども、とても飲みやすい味わい。
人によっては、ちょっと物足りないと感じるかもしれないが、優秀なワインだと思うぞ。

うんうん、ジャン・バルモンは2種類の品種をウマく差別化しつつ、
ある程度の兄弟ワイン的な共通点も感じられる。
そういう意味では、飲み比べには持ってこいの2本だと思うので、
もしも興味があれば2本を飲み比べて見て欲しい。

カベルネ・ソーヴィニヨンの重厚感ある味と、メルローの飲みやすい味わい、
でもどちらもジャン・バルモンとしての共通点が感じられる。
・・・そんな感覚になれるに違いない。

ちなみに、メルローの方が飲みやすいので、
どっちか迷ったら、メルローから試してみて欲しい。

『お!いける』

と感じたら、カベルネ・ソーヴィニヨンも試してみる、
っていう楽しみ方もいいかもしれない。

レッドとしては、
赤ワインに慣れていない人にも、より飲みやすいと思う、
こちらのメルローにヤスウマ認定しようと思う。

s-yasuma-red-full
じゃ。


RETURN TOP
スポンサーリンク

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村