KIRKLAND BORDEAUX SUPERIEUR 2011

s-DSC06034
【国データ】
フランス
赤ワイン

【ワイン名】
KIRKLAND SIGNATURE
BORDEAUX SUPERIEUR 2011
ボルドー・シュペリエル

【ブドウ品種】
MERLOT 70%
メルロー
CABERNET SAUVIGNON 30%
カベルネ・ソーヴェニヨン

【参考価格】※特価の時もあるので、あくまで参考価格だ。
コストコ ¥899-

【度数・容量】
13.5%
750ml

【試飲レポート】
ヤスウマ界では高評価が多いとウワサのコストコの『KIRKLAND』ブランドのワイン。
メルローとカベルネ・ソーヴィニヨンのブレンドという定番の組み合わせ。

メルロー多めとカベルネ・ソーヴィニヨン多めの2パターンがあるので、
その飲み比べにちょうどいいと思ってテイスティングスタート。

コストコのワインには販売札が充実しているのだが、
このワインの場合は珍しく、説明がほとんどなし。
ちょっとイヤな予感。

まずは香り。
果実系の香りはとても弱い。
ワインっぽくない感じ。
その代わりに、キノコっぽい香りが強い。
干しシイタケとまでは言わないが、キノコっぽさを感じる。

まずはグラスを手に取り1口目。
まろやかな口当たりで、甘みは少ない。

酸味はあるけれど、それほど気になる酸っぱさではない。

ただ、渋みにクセがある。
渋みの強さとしては、赤ワインとしては普通。
このワインは甘みが少ないので、渋みが強く感じると飲めないハズだが、
意外と普通に飲めるくらいの渋みだ。

まろやかな口当たりが影響しているのかもしれない。
ただ、後味が口に残るのだ。
渋みが苦みに変わって、口の中にいつまでも残る感じ。
飲み終わってからが悪いな、このワインは。

ついでに、飲んだ時の香りが更に悪い。

腐敗臭とまでは言わないが、とてもクサい。
ワインの保管状態がマズイのかもしれないが、
ヤスウマレッドが長期保管していたワケではないぞ。

とにかく、これはクサくてギブアップだな。
売っちゃいかんレベルだ。

【ポイント】★は強弱の評価で、良い悪いではない。抜けの良さだけ良い悪いの評価。
甘み ★★☆☆☆ 甘みはそれほどない。
渋み ★★★☆☆ 渋みは普通だが、後味が苦くて残る。
酸味 ★★☆☆☆ 酸味はそれほど強くないが、香りに酸味が混じっているので
         体感的には★x3くらいかもしれない。
香り ★★★★☆ くっさ~。飲んでから鼻に抜ける時にキノコが生えてくる感じ。
抜けの良さ ★☆☆☆☆ 実はズッキーん。詳細は総評で。

【総評】
何と、今までにないクッサい赤ワインだった。
1口目まで問題なかったのだが、いかんせん鼻から抜けた時に
キノコがニョキニョキ生えてきて、口の中に苦みが長期滞在してくれる。

ヤスウマレッドは干しシイタケの戻し汁が嫌いなのだが、
赤ワインに誰かがイタズラで、干しシイタケの戻し汁を混ぜたような、そんな赤ワインだ。
とはいえ、まだ50mlも飲んでないので、
「もう少し飲んでインプレしないと!」
と頑張ったのだが、2杯目に突入したころに何やら頭に違和感が・・・。

そう、宿敵ズッキンダーの登場だ!

頭の一部分に刺すような痛みが走った。
このイナズマ感・・・奴の登場だ。
ダークヒーローズッキンダー!
ちょっとカッコいいけど、来てほしくねぇ~

たったのグラス2杯で、焼酎ボトル半分900mlを普通に飲むレッドをやっつけるとは!
悪い意味でスゲェな、このズッキンダーワイン。

残念だが、家族持ちのレッドは明日を考え、シッポを巻いて退散することにする。
しかし、この大量に残ったワインをどうするのか・・・。
あまりに大量に残し過ぎたので、レッド嫁が白い目で見ているぞ。
敵はズッキンダーだけじゃない、『敵は本能寺にもあり』だ。

・・・レッドは残ったワインの処理に途方に暮れるのであった。

サラバ!

s-zukkin-da

RETURN TOP
スポンサーリンク

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村