KIRKLAND COTES DU RHONE VILLAGES 2012

s-DSC04118
【国データ】
フランス
赤ワイン

【ワイン名】
KIRKLAND SIGNATURE
COTES DU RHONE VILLAGES 2012
コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ

【ブドウ品種】
SYRAH
シラー他(ブレンドされているようだが、シラー以外の表示はなし)

【参考価格】※特価の時もあるので、あくまで参考価格だ。
コストコ ¥958-

【度数・容量】
14%
750ml

【試飲レポート】
ヤスウマ界では高評価が多いとウワサのコストコの『KIRKLAND』ブランドのワイン。
ちゃんとAOCというフランスのワイン法に基づく生産地表示が許可されているワインだそうで、
ちょっと期待。

シラーという品種はタンニン(渋み)と酸味が強い品種なので、
どんな味なのか興味しんしんでスタートしたぞ。

まず香りは、販売札では黒果実の香りということだが、
最初の印象は『ヤクルト系』の酵母というか乳酸菌というか、
そういう飲み物に近い香りだったぞ。

その後グラスに注ぐと、香りはようやくかんきつ系の酸味のある香りになって、
更に飲み進むと、ようやく黒果実の香りがしてきた。

う~ん、ヤスウマレッドの鼻の具合がおかしいのかな?
それとも、香りが途中で変化してきたのかな?と不思議に思ったが、
香りが途中で変化することもあるようなので、気にせず進めた。

ワインっぽいというか、赤ワインらしい香りは少なめ。
ちなみに、残り香にキノコっぽい(シイタケ?)雰囲気もあったような・・・。

ただし、グラスに注いだワインの色がスゴク薄い色をしていてビックリ!
その見た目の通り、味はちょっと水っぽいというか、
水で薄めたような『薄味』だったぞ。
ただし、悪い意味ではく、あくまで事実としてだ。

甘みは初め普通だけど、香りが徐々に黒果実の香りに感じてくると、
酸味の強さ(結構サッパリしていてかんきつ系)と相まって、
ジャムみたいな味に思えてきて、結構ウマい。

シラーはタンニンが豊富ということだが、これは渋みをほとんど感じない。
色が薄いことから、渋みが出ないように製法でカバーしているのかもしれない。
(※色が濃い=果皮からの成分が多い=タンニンがたくさん出ている)

『ブルーベリージャムっぽい味だな』って感じ始めた途端、
徐々に甘みを感じるようになってきた。
人間の味覚なんてそんなものかもしれないな。

感想としては、軽い飲み口で、酸っぱいけど爽やかで、料理に合いそう。
あるいは、ワインだけで楽しんでも十分ウマいと思う。

初めと後で、印象が違う・・・何て言うとツウの人には叱られそうだが、
『マジそう感じた』のだから、仕方がない。
ここはカッコつけずに正直に書いておくぞ。

そのうち、慣れてきて一発でテイスティングできるようになるかもな。
正義の味方も初めは弱いもんさ。
ヤスウマレッドも徐々に成長するのだ!

【ポイント】★は強弱の評価で、良い悪いではない。抜けの良さだけ良い悪いの評価。
甘み ★★★★☆ 赤ワインとしては甘く感じる。
         実際は★x3くらいと思うが、トータルバランスで感覚としては★x4。
渋み ★☆☆☆☆ 渋みは非常に弱い。
酸味 ★★★★☆ 酸味強め。甘みが強いので、飲み口の良い酸味。
香り ★★★☆☆ 果実の香り、ジャムのような香り。
抜けの良さ ★★☆☆☆ ボトル半分ならイケそう。

【総評】
フランスAOCの実力ここにあり、だ。
これは2回目があっても、ヤスウマレッドは嬉しいぞ。
酸っぱいのがちょっと人によっては評価に差が出るかもだが、
とりあえずはレッド的には十分合格だ。

他の人のレビューでは、『タンニン強め(渋め)』って書いてて、
ヤスウマレッドと真逆の評価だったけど、
私は私の味覚を信じて『渋味は無い』と感じたままに記録した。

信じるか信じないかは、あなた次第、だ。

s-yasuma-red-full

RETURN TOP
スポンサーリンク

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村