MERCIAN BISTRO

s-bistro1
【国データ】
日本
赤ワイン

【ワイン名】
MERCIAN BISTRO
メルシャン・ビストロ 赤ワイン

【ブドウ品種】
複数のブドウをブレンドして醸造。

【参考価格】※特価の時もあるので、あくまで参考価格だ。
¥285-

【度数・容量】
11%
720ml

【試飲レポート】
近くのスーパーでは大定番のこの赤ワイン。
もうお馴染の人も多いかもしれない。

大特価の日は、棚から消えるほどだから、味はほとんど保証していいのだけど、
あえてマジメにレポしてみることにするぞ。

それで、ヤスウマレッドも久しぶりに飲むので、
ちょっと印象が変わることを期待しつつもスタート。

s-bistro2
まず驚いたのが、『色』だ。

メチャメチャ薄い色しているんだな・・・。
以前は全く気にもしなかったが、色々試した今の感覚だと色がスケスケだ。

アルコール度数が11%と低めなのも、関係しているのかもしれない。

続いて、香りをチェック。

・・・うん、普通。

果実酒のイメージ通りの香り。
甘い果実の、いわゆる赤ワインの香りがするぞ。
この辺、日本人の感覚をくみ取ってるのが、メルシャンわかってるぜ!ってところだな。

ただし、以前は気にならなかったのだが、
アルコール臭さが出てるんだな。

普通のグラスで飲む分にはわかりにくいが、
ワイングラスを使うことで香りを感じやすい状況になっているのだが、
少々アルコール臭が強めだ。

アルコール臭を飛ばそうと、クルクル回してみたが(スワリングと言うのだ)、

よけいアルコール臭くなった!(;一_一)

・・・うん、レッドも少しはワインの違いがわかるようになってきたのと同時に、
こんなにアルコール臭キツかったっけ!?って思った。
人の感覚って、こんなもんなんだな。

しかし、別に飲めないほど強烈なアルコール臭ではないし、
飲んでるうちに、レッド自体がアルコール臭くなるわけだから、
先に進むとしよう。

『お父ちゃん、お酒くさ~~~い』

っていうジュニアたちも、もう寝静まってるし、気にすることはない。

さて、では数カ月ぶりのテイスティングを開始しよう。

まずひと口目。

・・・うん、味も薄い。

色のまんま、味も薄い。
ライトボディーとか言うのだろうが、これはスーパーライト1mgにも負けない感じだな。
(タバコ吸わないんだけど、イメージだよ、イメージ。)

あるいは、0.01mm以下って表現もあるけどな。(←ツッコミはなしで・・・)

とにかく、それくらい薄いのだ。

しかし、味はやっぱり日本人向けで、非常に優秀な感じがしたぞ。

甘みが十分すぎるくらいあって、渋みもそれなりに感じる。
酸味や雑味はほとんどなく、飲みやすい成分だけを抽出してる感じ。
後味に、若干の苦みを感じるが、弱いので気にするほどでもない。

多分、値段と味を考えると、
赤ワインの初心者はこれでスタートするのがいいんだろうな、と思うぞ。

とにかく甘口なのだが、驚くことに、こちらのラベルを見て欲しい。

s-bistro3
甘さが間違えてないかい!?

これ、他の赤ワインと比べると明らかに、甘口だぞ。

何と比較してこのポイントなのかわからないが、
とりあえず、ヤスウマレッド的にポイントをつけてみたので見て欲しい。

【ポイント】★は強弱の評価で、良い悪いではない。抜けの良さだけ良い悪いの評価。
甘み ★★★★☆ 甘口。甘みをとても感じる。ブドウジュース系だな。
渋み ★★☆☆☆ 渋みは弱い。赤ワインに飲み慣れていれば、★x1位に感じるハズ。
         慣れてないと★x2。
酸味 ★☆☆☆☆ 酸味ほとんどなし。
香り ★★☆☆☆ 果実の香り。アルコール臭が若干するので注意。
抜けの良さ ★★★★☆ 11%のアルコール度数もあって、二日酔いはしにくい。

【総評】
味も飲みやすく、赤ワインの基本的なところは全て押さえているので、
赤ワインを初めて飲む人には飲みやすいワインだと思うぞ。

値段もほぼ最強系の激安で、初心者には最適だと言える。

ほんのたまに赤ワイン・・・って人には、ホント便利なワインだな。
スーパーの棚から消えるのが良く分かるぞ。

ただし、いくつか弱点もある。

1つが薄いことだ。
これに飲み慣れてきたら、徐々に別の赤ワインも飲んでみるべきだ。
これが赤ワインだと思って、他のを飲んだら、多分ビックリするぞ。

2つが継続して飲むには飽きることだ。
安くて、1日2本でも飲めちゃうのが魅力なのだが、
甘みが強いので飲んでるうちに飽きてくる。
甘党ならいいのかもしれないが、レッドはちょっと飽きてきたかな。

この赤ワインの甘口ってのもあるのだが、あれはペリエで薄めないとちょっと飲めない。
それくらい、ビストロは全体的に甘口なんだ。

この2点を知った上で、これから赤ワインの世界を見てみよう・・・って人は、
まずこれを飲んでみるのがいいと思うぞ。
どこでも手に入るので、便利だしな。
(ただし、売り切れで手に入らないことも、あるのだ。)

久しぶりに飲んでも、まぁまぁイケる、ヤスウマ認定ワインだったのだ。

じゃ。

s-yasuma-red-full

RETURN TOP
スポンサーリンク

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村