MONTEMAR 2013

s-DSC06117
【国データ】
チリ
赤ワイン

【ワイン名】
MONTEMAR 2013
モンテマール

【ブドウ品種】
カベルネ・ソーヴィニヨン
カルメネール

【参考価格】※特価の時もあるので、あくまで参考価格だ。
イオンモールワイン専用コーナー
¥498-

【度数・容量】
12.5%
750ml

【試飲レポート】

s-DSC06463
まずは香りから。
いきなりだが、ちょっとキノコの感じがしてきて、イヤな予感。

しかし、徐々に果実の香りに変化してきたので、少し安心した。

キノコに支配される前に、さっさとテイスティングスタート。

口当たりはいい感じ。
渋くないので、相対的には甘く感じる。
ただし、客観的にはドライな印象だから、実際にはそれほど甘いワケではない。

酸味はほとんどなく、渋みも少ないので、飲みやすい部類に入りそうだが、
やっぱりドライ感が強い。
ついでに、最後にちょっと苦みが口に残った。
これが、微妙に判定に影響した。

この苦みがクセモノで、飲めば飲むほど口の中に残って、
徐々に苦みに耐えられなくなるモノがあるからだ。

【ポイント】★は強弱の評価で、良い悪いではない。抜けの良さだけ良い悪いの評価。
甘み ★★☆☆☆ 低めに感じるぞ。ただ、人によっては酸味が強くて、甘みが低く感じるかも。
渋み ★☆☆☆☆ 渋みはほとんどなし。後味が苦いので、人によっては★x2に感じるかも。
酸味 ★☆☆☆☆ 酸味はほとんどなし。
香り ★★☆☆☆ 初めはキノコ系の香りがしたが、徐々に果実系に変化。香り自体は強くはない。
抜けの良さ ★★★☆☆ 悪酔いはしませんし、二日酔いもないです。

【総評】
価格的に言えば、安いし、結構イイ線行ってると思うのだが、
残念ながらレッドはこのワインをまた飲もうとは思わない。

味は悪くないが、ドライ感が強いので飲みやすいかと言われると、
たぶん多くの人にとって飲みやすいとはいいきれない。

ついでに、後味に苦みが残るので、こちらも徐々に積み重なって、
2杯3杯とは進まない。
赤ワインに苦みが混ざると、口の中に苦みがドンドン残るという現象が起こって、
食べものでごまかすか、あるいは先に酔っぱらって味覚をぶっ壊すかのどちらかしかない。

どっちもヤスウマ戦隊の目指すところではない。
値段的には、この苦みさえなければ・・・というところだが、残念だ。

おしい気もするけど、赤ワインのドライ感が何ともない人なら安いしイイのかも。
実際ヤスウマレッドがワインコーナーで選んでいる最中に、
おばちゃんがドカドカ(ズケズケ?)やってきて、
一本このワインを握ってレジに向かって行ったから、
ファンもいるようだし。

でも、ヤスウマ認定はしないのだ。






RETURN TOP
スポンサーリンク

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村