RAMIRANA MERLOT 2013

s-ramirana1
【国データ】
チリ
赤ワイン

【ワイン名】
RAMIRANA 2013
ラミラナ バラエタル メルロー

【ブドウ品種】
MERLOT
メルロー

【参考価格】※特価の時もあるので、あくまで参考価格だ。
¥648-

【度数・容量】
13%
750ml

【試飲レポート】
ちょっと、高級な国産たばこのパッケージの雰囲気に似てるこのワイン。

the_peace2
そういえば、このタバコは1000円だっけ?

1000円以下でも楽しめるんじゃ~・・・ってフレーズにマッチしてるな、これ。

レッドは吸わないけれど、このタバコはすっげぇウマいらしいが・・・。
(タバコ1箱1000円は、ヤスウマではないけれど。)

このタバコのパッケージは確かに心をくすぐる何かがあるな。

そんで、赤ワインに話は戻るけど、
これもちょっとお高い印象を植え付けるにはもってこいのデザインだな。

ロイヤル・ブルーにゴールドの文字は、高貴なイメージだ。

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

ハイ、ラベルだけでヤスウマ認定!

s-yasuma-red-full
以上、今回のレポでした。

・・・

・・・

・・・

という冗談は置いといて、、、っと。

このワイン、チリなのでお安くて648円(税別)なんだな。
チリのワインはヤスウマ界の定番なんだけど、
結局雑味が多くて、いつもヤスウマ認定を出せない・・・。

安かろう苦かろう・・・では、困るんだな。

実際、チリの若者はワインに他のモノを混ぜて
即席のカクテルにして飲むスタイルも一般的なようだし、
もう一歩・・・というのがヤスウマレッドのチリ産赤ワインの印象だ。

これはメルローだから、口当たりはいいのかな?って思ってたけれど、
ラベルには日本語で辛口という文字がある。
う~~~ん、どういう味なんだろう?

・・・

と、そんなことを考えながら、テイスティングスタート。

s-ramirana3
まずは香りから。

クンクンクン。

・・・

・・・

初めに来るのはベリー系のワインらしい香り。

これは期待できそうだな。

・・・

・・・

・・・

クンクンクン。

香りはあまり強くない。
ほのかにスミレ?っぽい香りもするが、

今日は強行突破!

スミレさんを無視して、さっさと飲むことにした。

・・・

では、アタック開始。

ひと口目。

・・・

・・・

うん、ドライ。

辛口の表示通りのドライ。

でも、飲むうちに甘みを感じるようになることもあるので、
さらに飲んでみた。

・・・

・・・

・・・

うん、渋い。

ひと口目はドライ、ふた口目は渋い。

では、三口目は何?

・・・

・・・

・・・

うん、苦い。

そろったな、このワイン。

渋みと苦みのツーペアだな。

ここに、酸味のスリーペアが来たら、ギブアップなんだけどな・・・。

giveup
もしも酸味がやって来たら、
う~~~ん、イ○キ先生! ギブギブ・・・って感じになるな、きっと。

ということで、どうなるか?不安な状態で三口目。

(ネタ的には、酸味をちょっと期待。)

・・・

・・・

・・・

(汗)

・・・

・・・

・・・

セーフ!

酸味はなく、甘みが徐々に強まってきた。
(な~~~んだ、つまんない・・・なんて思っちゃいかんぞ。)

ついでに、渋みも少し弱まり、苦みはあるものの、
タネをつぶしたようなしつこいモノではなさそうだ。

ということで、グラスをしばらく空けて行った・・・。

・・・

・・・

・・・

徐々に、スミレさんがやってきた。

そこで、秘密兵器のスモークチーズ君が登場。

s-cheese_qbb
幸い、スミレさんの香りは、それほど強くなくて、
チーズを片手にグイグイ飲める程度で済んだ。

ということで、評価へGO!

s-ramirana2
【ポイント】★は強弱の評価で、良い悪いではない。抜けの良さだけ良い悪いの評価。
甘み ★★☆☆☆ 甘みは弱い。ドライだけれど飲むうちに甘く感じだす。
渋み ★★★☆☆ 渋さは強め。赤ワインとしては標準的。
苦み ★★☆☆☆ 渋みの後から苦みがくる。クドくはないが、気にはなる程度。
酸味 ★☆☆☆☆ 酸味はほぼなし。
香り ★★☆☆☆ はじめはベリー系の赤ワインらしい香り。後からスミレに変わる。
抜けの良さ ★★★★☆ グイグイ行っても大丈夫。

【総評】
たばこのザ・ピースはバニラの甘くいい香りだそうだが、
この赤ワインの香りはベリー系の甘みを想起させるアロマだった。

・・・初めのうちはな。

その後から、スミレさんが登場して、

飲んでみたらドライ&シブイ&ニガイで、

どうなるかとちょっと心配した。

・・・がしかし、飲み進むうちに渋みに慣れてくると、
それなりの甘みを感じるようになってきて、
比較的飲みやすく感じてきた。

とうとう、ヤスウマレッドの味覚もぶっ壊れてきたのかもしれない。

ただし、それでもやっぱり、ヤスウマ認定出来るほどにはウマいモノではなかった。

ドライなのが好きな人はいいだろうけど、
ヤスウマか?って言われると、それほどのモノでもない。

1本空けてみたけれど、悪酔いはしなかったので、
飲むのは安心して飲めると思うけれど、
まぁまぁ・・・って感じだな。

以前のレッドなら、メチャクチャまずく感じたかもしれないが、
ちょっと大人になったレッドなのであった。

ということで、ラベルほどには期待に応えてくれなかったが、
それなりのワインだった。


追伸:ザ・ピースは対面販売の全国3500店でのみ買えるらしい。
楽天だと10箱まとめてってことらしく、これはこれでどうなのさ・・・。
1箱からでも売ってくれよな。。。




RETURN TOP
スポンサーリンク

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村