REDWOOD CHARDONNAY 2013

s-redwood_white01
【国データ】
アメリカ カリフォルニア
白ワイン

【ワイン名】
REDWOOD CHARDONNAY 2013
レッドウッド シャルドネ
【ブドウ品種】
CHARDONNAY
シャルドネ

【参考価格】※特価の時もあるので、あくまで参考価格だ。
¥798-

【度数・容量】
12.5%
750ml

【試飲レポート】
このワインはカリフォルニアのシャルドネの白ワイン。

カルディーで売られていて、時々店頭で試飲できるので、
知ってる人も多いのではないかな?

よく行くスーパーやリカーショップのワインコーナーで、
シャルドネが一番多く見かける白ワインの品種だけど、
今までの経験上、白ワインってば同じブドウ品種でも甘口から辛口まで結構幅広くて、
シャルドネだからこういう味・・・っていうイメージはあまりないんだな。

比較的飲みやすいのではないかな?っていう期待はあるけれど、
白ワインにもクサイのもあるし、スッパ過ぎるのもあるし、
とりあえず飲んでみないとわからない。

ということで、例によって香りからスタート!

s-redwood_white04
クンクンクン。

う~ん???香りがあんまりしないな。

クンクンクン。

白ワインは結構冷やして飲むので、もちろんこれも冷やしている。
そのせいか、香りがあんまりしない。

・・・というより、無臭とまではいかないけど、
鼻でワインを飲むほど近づけても、ほのかにしか香りがしない。

むしろアルコールの臭いでツーンってくるくらいだな。

まぁ、臭くないなら問題はないので、
続いてアタックへ。

まずはひと口目。

ゴクリ

・・・

・・・

・・・

うほーーーーー!甘ッ。

結構甘いんだな・・・。

しかも何だろう、ちょっと他の白ワインとは違う風味だな、これ。

もう一口飲んでみよう。

ゴクリ。

・・・

・・・

・・・

うん、まずはとにかく甘い。
続いて、酸味があんまりない。

白ワインらしいさわやかな酸味がないので、
甘みがさらに引き立って、今までとは違う風味を感じるな、コレ。

確認のため、もう一口。

ゴクリ。

・・・

・・・

・・・

白ワインなんで、赤ワインみたいな渋みもないうえに、
白ワインらしい酸味もない。

だから、ひたすら甘みだけを強く感じるな、コレ。

ついでに、ネットリとした感じが・・・。

なんだろうかな???

甘みがしつこくて、ネットリした感じ。

う~ん、ピッタリの表現が見当たらないけれど、
あえて言うなら・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

s-banana
バナナかな!?

バナナ風味の白ワイン。

ねっとりとして、甘みが強くて、熟れたバナナの風味。

どちらかというと、白ワインはリンゴ系のさわやかな方が好みなんだけど、
とにかく、ねとーーーーーーーーーーっとした風味。

甘みもついでに、ねとーーーーーーーーーーっとしてて、ちょっとくどいかも。

甘ったるいのが好きな人には良いけれど、
コーヒーをブラックで飲むタイプの人にはちょっと・・・キツイ。

まずくはないけれど、多くは飲めない白ワインですな。

では評価へ。

s-redwood_white03
【ポイント】★は強弱の評価で、良い悪いではない。抜けの良さだけ良い悪いの評価。
甘み ★★★★☆ 甘みは強め。口当たりはいいけれど、続けて飲むとクドい。
渋み ★☆☆☆☆ 渋みはなし。
酸味 ★☆☆☆☆ 白ワインによくある酸味がほとんどない。
香り ★☆☆☆☆ 香りはアルコール風味以外はほんのりする程度。
抜け ★★★☆☆ 普通に抜けはいい。二日酔いもなかった。

【総評】
うん、甘い。
熟れたバナナのような、ネットリした甘み。
ネクターを飲んだような、口の中の重量感。

nekutaaaa
リンゴのようなさわやかな酸味と軽い甘みを期待していたのだが、
これは相当違う感じの白ワインだった。

もちろん、まずいワケではなく、これはこれでありかもしれない。

・・・だけど、ちょっとたくさん飲むには甘すぎたかな?って感じだ。
まぁ、この辺りは好みなんだろうけど。

実のところ、初日はグラス1杯でストップしたんだな、想像以上に甘すぎて。
・・・このネットリ感がどうもダメだったからなんだな。

でも、次の日に『ネットリ甘い白ワイン』という気持ちで残りを飲んだら、
まぁまぁ飲めたんだな、うん。
(ちょっとペリエで割って、甘みを抑えたのはご愛敬・・・。)

その時のアルコールの抜けは悪くなかったので、
ネクターが好きな人にはイイかもしれない。

・・・あと、バナナ好きな人もね。

ということで、飲む人の好みによるけれど、
まぁまぁの白ワインだったな。

・・・

・・・

・・・

最後に、レッドウッドは赤も白も、独特の風味だったので、
飲む人の感性や好みによって評価が分かれるってことがよく分かった。

・・・というレッドウッドの飲み比べでした。

じゃ。

RETURN TOP
スポンサーリンク

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村