VILLA MOLINO

s-DSC06127
【国データ】
イタリア
白ワイン
生産地:VENETO SOAVE ヴェネト州ソアーヴェ村(DOC:イタリア原産地呼称制度認定)

【ワイン名】
VILLA MOLINO SOAVE CLASSICO DOC
ヴィラモリーノ・ソアーヴェ・クラシコ

【ブドウ品種】
GARGANEGA ガルガーネガ

【参考価格】※特価の時もあるので、あくまで参考価格だ。
イオンモールワイン専用コーナー
¥1,008-

【度数・容量】
12%
750ml

【試飲レポート】
いちおうお断りしておくと、この白ワインはヤスウマ戦隊初の白ワインレポートだ。
だから、少々グダグダでもカンベンしてほしい。

さて、ヤスウマ戦隊初の白ワインはイタリアだ。
このワインは、イタリアのDOCという原産地呼称制度に認定されていて、
由緒正しいワインのようだ。

価格はヤスウマ戦隊的にはギリギリの線だが、記念すべき初白ワインなので、
確実にヤスウマ認定したいと思って、フンパツすることにした。

といっても、どうやらこのワインは、
イタリアではテーブルワインの扱いで、メチャ安という情報もある。
(同種のワインがボトル1本100円!から、というWIKIの情報もあったりする。)

だが、他人の評価を全く信用していないヤスウマ戦隊としては、
早速試飲を始めることにした。

まずは香りから。
ちょこっと花の香りがするが、特に変わった香りはなし。
ついでに、白ワインって赤と違ってめちゃめちゃ香りが少ない気がするぞ。
ヘンチクリンな香りもないので、さっさとテイスティングスタート。

1口目・・・赤の時と比べたら、なんて飲みやすいんだ!!というのが第一印象。

香りが弱い方が日本人的には助かるぞ。
そう言えば、高校時代の英語の先生(外国人)は、廊下をどこで曲がったかわかるほど、
オーデコロンの香りが強かったが、外国の人はどうやら香りが強いのが好きみたいだ。
それに対して、日本人は香りが強すぎると『うっ』となる。
特に、苦手な香りはな(赤ワインのスミレさんとか、キノコさんとか)。

そんなことを考えつつ、味の方はというと、
辛口と書いているので、そのまんま辛口だ。

とはいえ、白ワインの基準で辛口なのであって、口当たりはいいと思う。
一般的な赤ワインの甘いのと同じくらいだと思う。
(日本の甘口赤ワインのことじゃないぞ。あれはほぼブドウジュースだ。)

白ワインなので、渋みはもちろんない。
後口に少しだけ苦みが感じられるが、いつまでも残るワケじゃないので許容できる範囲だ。

白ワインは酸味が必要要素・・・というのが一般論だが、確かに酸味はある。
あるが、これは炭酸系の清涼飲料水の酸味に慣れていれば、まったく問題なし。
サッパリしていて、甘すぎない分、グイグイイケる。

甘みが少ないので、ペリエで割ってスプリッツァ・・・ってのはイマイチだけど、
甘いソーダで割るならイイかもしれない。

とにかくサッパリ味で、グイグイいけて、1本は飲める。
ついでに二日酔いもなし。

【ポイント】★は強弱の評価で、良い悪いではない。抜けの良さだけ良い悪いの評価。
甘み ★★★☆☆ 白ワイン限定だと★x1か2。だけど、ワイン全般で考えると★x3。
渋み ★★☆☆☆ 渋みはほとんどないが、後味が少し苦いので★x2。
酸味 ★★★☆ 普通の酸味。さわやかに感じる範囲。
香り ★☆☆☆☆ 香りらしい香りはほとんどなし。ほんの少し花の香りはする。
抜けの良さ ★★★★★ 全く悪酔いせず。1本空けたけど、問題なし。

【総評】
今までの赤ワインと比べたら『何だったの!?』って拍子抜けしてしまうが、
1本目からヤスウマ認定だ。

辛口と後味のわずかな苦みが好みの分かれ目だけど、
ヤスウマホワイトとしては、十分ヤスウマとしてオススメできる。
(もちろん、苦みがダメな人はやめておいた方が安心かもしれない。)

といっても、1,000円超えているけど・・・な。
サッパリしているので、カッキーンと冷やしてグイグイやってほしい。
そんなワインだったな。
うん、久しぶりに楽しめたぞ。

ヤスウマホワイトの登場だ。
s-yasuma-white-full
白ワインはかたいな。確実にヤスウマにしたいなら、白がいいかも!

RETURN TOP
スポンサーリンク

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村