ウィルキンソン・ジンジャーエール割り

s-ginger_asahi
ワイン+ウィルキンソンジンジャーエール

ウィルキンソンのジンジャーエールをご存知だろうか?
これ、知る人ぞ知るジンジャーエールで、カナダドライのモノしか知らない人はビックリ仰天の味だ。
とにかく、カナダドライのジンジャーエールはジンジャー感は全く感じないが、
これはジンジャー感バリバリだ。

・・・というより、ジンジャー感でお口の中がピリピリだ。

初めて飲むとビックリするはずだ。

でも、大人味というか、慣れてくると悪くない感じなのだ。
(でも、好き嫌いはハッキリしそうだが。)

ただ、このジンジャーエールは、刺激が強いのだがショウガエキスは全く入ってない。

s-ginger_asahi2
つまり、この刺激は何か別の成分で出来ている。
・・・危険な香りがする。。。これが大人の味か。。。

さて、ではワインとの組み合わせを見てみよう。

味の変化チャート

甘み ++(メチャクチャ甘くなるぞ。ジンジャー感は甘くないと飲めないんだな、きっと。)
渋み -(渋みは消える。)
苦み +(苦み!? そう、無かったハズの苦みが出てくるんだ。不思議だけれど・・・。)
酸味 +(酸味は炭酸飲料の酸味が出るけど、普通だから安心しよう。)
香り -(飲んだ時に、鼻孔に抜けるとムセるので注意!
もしも鼻孔に空気を抜くと、ジンジャーのピリピリ感が鼻孔の中で刺激MAXだ。
多分リアクション芸人みたいに大暴れすることになる。)
抜けの良さ +(薄めるから多少良くなるのな。)

コーラの時は、ワイン感というか果実感があったが、
ウィルキンソンの辛口ジンジャーエールで赤ワインを割ると、その果実感は全く消える。

ピリピリしてて、苦くて、メッチャ甘い。
そんなヘンテコな感じだ。
ジンジャー感が強すぎて、ワインと混ぜたかどうかすら完全に消え去る勢いだ。

それくらいの個性タップリなので、どんなマズイワインもイチコロなのさ・・・飲めればね。

混ぜるものはワインである必要は全くなく、
ひょっとしたら、もっと強いスピリット系で割った方が合うかもしれない。
辛口ジンジャーが好きで、常備してある人なら良いが(そんな人少数派だが)、
わざわざ買って割る程のものじゃない、と思う。

ついでに、ヤスウマレッドのウィルキンソンの辛口ジンジャーエールの感想は、
ひやしアメの炭酸版
って印象だ・・・若い人は冷やしアメなんて飲んだこと無いだろうけど。

しかし、あのハンパない刺激がジンジャーエキスじゃないなんて、ねぇ。
結局まがい物かいな。


RETURN TOP
スポンサーリンク

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村