冒険したい人へ ICEBOXでニガテな赤ワインを変身

s-icebox1
『森永のアイスボックスでニガテな赤ワインをおいしく変身させる??
それは事件だ!』

・・・というノリでやってみたこのマズい赤ワイン対策だが、
結果は面白いことになった。

やり方はカンタン、アイスボックスを赤ワインに入れるだけ。

s-icebox2
このように、小さいかけらになっている、アイスボックスグレープフルーツ味を
お好きな量赤ワインに投入するだけなのだ。

s-icebox3
s-icebox4
冷たい⇒渋みダウンになるので、渋いのニガテな人にはオススメだ。
シブシブワインには使える技だと思う。

だけど、苦みが出てくるので、これは逆に注意が必要。
写真くらいの量で、ズイブン苦みが増した。
グレープフルーツの苦みが苦手なら、これはやめた方が賢明だ。

ちなみに、味の変化チャートはこれだ。

甘み +(加える量にもよる)
渋み -(渋みはガツンと減る)
苦み ++(グレープフルーツの苦みが出る。ちなみにICE BOXは果汁入りらしい。)
酸味 -(軽減される)
香り -(軽減される)
抜けのよさ ±0(入れる量にもよるが、それほど薄まらない量ということで。)

ヤスウマレッドの感想だが、
グレープフルーツ感がハンパねぇので、スゲェ苦みが出るぞ。

グレープフルーツの苦みがニガテなら、やめた方がいい。
だけど、あれが大丈夫なら、結構いけるぞ。
入れる量を調整できるのが便利だな。
苦みも入れる量で結構さじ加減ひとつだから、少量なら試してみるといい。

ついでに、イヤな香りがダウンするから、クッサイ赤ワインにも使えるぞ。
ヤスウマレッドは、赤ワインのスミレの香りは便所の芳香剤にしか感じられないので、
この手のワインにも大活躍だ。
ただし、香料が入ってるので、グレープフルーツの香りに支配されるぞ。
果実味はアップするので、フルーティーになる、と言っておこう。

混ぜる量がしょせん少ないので、アルコール度数はそんなに下がらないから、
アルコール抜けはほとんど変わらないが、飲み口はよくなるので逆に飲み過ぎには注意だ。

ある意味、ヤスウマワインの添加剤になるな、コレ。
カクテルとして紹介しているところはないけど、
インスタントサングリアと言っても良いかもしれない。

なお、森永の公式サイトでは、ビールと混ぜてるんだな、これが。
苦みをカバーするためにビールっていう辺りが、わかってるな。
でも、今度は苦みのないのを作ってほしい気もするぞ。


RETURN TOP
スポンサーリンク

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村