赤ワインを大量消費するミートソース

s-wine-spag2

今日の料理


おいしくなかったワインをおいしい料理に大変身!

今回は、赤ワインを大量消費できる、おいしいミートソースを作ってみるのだ。

少々煮込むのだけど、赤ワインのヘンテコな味はスッカリ消えてくれるし、
ブドウの果実味によって深みのあるソースが出来上がる。

煮込み時間や寝かせる時間によってワイン感を残すことも、逆に消すこともできる。
そんな、ちょっと味の変化も楽しめるミートソースなのだ。


材料

s-wine-spag5
ミンチ(牛でもあいびきでもブタでもお好みで) 350g
おから 150g ・・・かさまし用なので、使わない時はミンチを500gにしよう。
トマト水煮缶 1缶(写真のものは400g)
たまねぎ 2個
赤ワイン 400ml
固形スープ(コンソメ1個もしくはチキンスープ小さじ1杯)
ソース 大さじ2杯
ケチャップ 大さじ4杯
オリーブオイル 大さじ1杯
しお・こしょう 少々
ローレル お好みで

では、クッキングスタート。


クッキング

s-wine-spag6 まずは、たまねぎを切ろう。
面倒なので千切りだけど、みじん切りでも問題なし。
千切りの方が、パスタにからみやすいので、わが家やこっちなのだ。

s-wine-spag7 熱したナベに、オリーブオイルを大さじ1杯。

s-wine-spag8 そこへ、たまねぎを入れる。
塩を少々振って、まんべんなく混ぜたら、弱火にしてフタをしよう。

ただし、こがさないように注意!

s-wine-spag10 全体に火が通って透明になったら次の具材を入れよう。

s-wine-spag11 ミンチとおからを投入。
おからを使わない人は、ミンチを500g投入。

塩・コショウを少々振っておく。

s-wine-spag14 全体的に混ぜながら、火を通す。
ミンチに火が通るまで、良く混ぜる。

s-wine-spag15 ミンチに火が通ったら、トマトの水煮缶を投入。
中身を全部入れる。

s-wine-spag16 そして、全体に良く混ぜる。

s-wine-spag18 続いて、赤ワインを400ml入れる。
もしも、ワインが不足していたら、ある分だけでも問題なし。
(ワインが100mlとか極端に少ない時は、トマトジュースを入れるって手もあり。)

s-wine-spag19 ここでハーブ類を入れる。
写真はローリエ(ローレル)だけど、ミックスハーブとか別に何でもいい。

s-wine-spag20 ここで固形スープの素を入れる。
本当はコンソメスープがいいんだけど、ちょっと切らしてたので、
チキンスープの素で代用した。

s-wine-spag21 そして、味を調えて行きます。
ソースを大さじ2杯。
ソースには野菜と香辛料が含まれるので、味を調えるのにとても便利だ。

s-wine-spag22 そして、ケチャップを大さじ4杯。
ケチャップはそのままでも辛くないので、多少入れ過ぎてもOK。
お好みでたくさん入れよう。

ちなみに、わが家はジュニアもムスメもケチャップ好きだから、
実際はもっと多く入れているのだ。

s-wine-spag23 ここからがポイント。
まず、水分を飛ばすためにフタをせずに煮込むのだ。
こがさないように注意。

それから一度完全に冷まして、冷蔵庫で1日寝かすというワザもおすすめだ。
そうすると、ワインっぽさがドンドン消えていくので、お子様向けにはちょうどいい。

ぜひ、味の変化も楽しんでほしい。

お疲れさまでした。

試食の感想

s-wine-spag1
普通のトマトソースよりも、ワインの深みが加わっている分、
トマト感が少ないトマトソースに仕上がっている。

煮込み方が足りないと、ワインっぽさが強く残っているので、
大人向けの赤ワイン味のミートソースに仕上がる。

ムスメは2日目のソースにトマトケチャップを加えたモノがウマいと言っていた。

ぜひ好みに合わせて、1日寝かせたり、ケチャップを加えたりして楽しんでほしい。

作っておいて、保存しておくのもいいかもな。

赤ワインタップリのミートソースは、レストランでもほとんど見かけないので、
家ならではの味わいということになるのだ。

ということで、ぜひ試してほしい!


RETURN TOP
スポンサーリンク

ブログランキング

ランキング参加中!現在の順位は?
クリックでチェック
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ
にほんブログ村